機材紹介[2]

http://quampaney.exblog.jp/11145233/の続きです。
セットというより、今回は「使用楽器」ですが…。

ずーーーーっと何年も前から気になってた楽器パンデイロ(Pandeiro)。
うまく使えば小さなドラムセットのようにも使える楽器…
というのも聞いたことがある。
コンガもそうだけど
“使いこなせれば”色んな音色に色んなニュアンスが表現できるから
ミニマムなセットとして組み込むには便利だろうと思っていた。

パンデイロはブラジルの皮付きタンバリンなんだけど
今やってるバンドはブラジル音楽じゃないし
原曲のアレンジにもパンデイロは出てこない。
そもそも、コピーをせずに自分なりの勝手なアレンジをしているので
そんなのは関係ないのだ(笑)。

去年の10月のこと、ふらっとレコード・ショップに行った時
たまたまワールド・ミュージックの書籍・DVDコーナーに
前の記事でも紹介したコンガ奏者キャンディドのDVD
パンデイロの教則DVDが置いてあった。
これは「買ってくれ」と言っていると思い、即買い。
家に帰ってマルコス・スザーノの『パンデイロ・マスターへの道』
という教則DVDを見てパンデイロを買うことを決心。
(DVDを買った時点でほとんどパンデイロを手に入れるつもりだったんだけど…)
速攻、ドラムショップで購入しました。

今から思えば、とっても甘い考えだったのだが
「3週間後のライブで少しでも使えたらいいな」
と考えて、必死に個人練習を開始。(後の記事に書きます)
しかし、想像していた以上に難しく
パンデイロのデビューは半年後まで待たねばならなかったのだ・・・

b0183304_22533770.jpg

※下が08年10月、最初に買った1号(ミュートあり)
 上は今年1月に購入した2号(ミュートなし)
[PR]
by quampaney | 2009-06-03 22:57 | 音楽 / バンド | Comments(0)