知らないうちに思い違い

最初に書いた自己流オープン・スラップの記事を読み返してビックリ。
いや、自分の記憶のいい加減さに驚いた。
先にヘッド“外側”近くのオープン・スラップを試して
次の練習では、少し真ん中に移動させたのだった。
最初の方がバドレーナに近い。何を勘違いしてたんだろ (・_・;)
もう10日以上叩いてないから記憶が塗り変わってしまったのか…

まぁ、いずれにしてもバドレーナ奏法でしばらく試してみることにする。b0183304_955695.jpg

※私のコンガ、すごく大きく見えますが、実際に少し大きめです。 
 手が小さいのもあるかもだけど…
 11-3/4インチ(30cm)というコンガ・サイズを使ってます。
 本当は1本でプレイする時はキント(11インチ)を使う事が多いらしく
 この写真でのバドレーナ氏も11インチのキントですが
 初心者の私の知識不足もあり、ちょっとチューニングを高めにして使ってます。
 胴がないトラベル・コンガなので、低音不足な面をサイズで補っている…
 と、無理矢理に自分を納得させています(笑)
>>コンガの基本

※バドレーナ氏の言う“外側”というのは、よく見ると
 本当にリムの外側で、小指がリムの縁に当たるか当たらないかのポジション。
[PR]
by quampaney | 2009-06-18 09:31 | 音楽 / バンド | Comments(0)