中国目線

NHK クローズアップ現代 「ウイグル“暴動”中国」を見た。
これは酷い番組だった。いったいどこの国のテレビだよ。
まるで、中国政府をイメージダウンさせないためには
どう対応したらいいか…と考える番組のようだった。
チベット鎮圧の時、情報統制した事を含め外国から批判を受けた。
そういったメディア戦略の“失敗”から学び
今回は、暴動の映像をネット配信したのが“誤算”だったとか。
(実際には、中国が流した映像は漢族が犠牲になったシーンのみ)
今後ウイグル族を、どうやって“抑え込んだら”良いのか
“中国が対面する”民族問題の難しさがどうのこうの
…など、まるで中国共産党のための番組。
司会の女性アナウンサーが「60年前、漢族の“移住”が始まり…」
と語った時、“移住”のところで一瞬躊躇したのが分った。
もっとはっきり“侵略”と言えよ。
[PR]
by quampaney | 2009-07-16 20:08 | 時事ネタ | Comments(0)