太古の月は大きかった

大きかったという太古の月。見かけの大きさだけ?

たまたま昨日、参考に貼ったリンク先。
http://homepage2.nifty.com/kun-yu/mr03_05.html#tuki
●“大きさ”は現在の20倍
●地球との距離は今の半分

ここ以外のほとんどのサイトでは
距離は「1/20」前後で、見かけの大きさが「400倍」とはあるが
見かけではない“実寸”について触れていること自体まれで
実寸が大きかったという説は見当たらない。

http://www.astraea-libra.net/star/tenmon/moon.html
●現在の約1/20の距離
●別に月そのものが大きかったのではなく、ものすごく近くにあった
    ↓↓↓
 現在の400倍もの大きさで見えていました。

はっ!ここでも「400」が!

http://www12.plala.or.jp/m-light/Distance.htm
●地球からの距離が現在の1/20〜1/16
●見かけの大きさは現在の約400倍

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Sumire/5569/Moon/moon7.html
●月と地球の距離は、現在の1/25

その他
http://www.f8.dion.ne.jp/~noro/pmysOmake.html
http://moon.jaxa.jp/ja/koyomi/html/html/ms_1.htmll
http://www.yomiuri.co.jp/space/astronomy/20090221-OYT8T00297.htm

http://moon.jaxa.jp/ja/qanda/faq/faq3/F319.html
Q 月は地球から少しずつ離れているということですが、逆に、
  昔はもっと地球に近かったのでしょうか?
  月の見え方は今とは変わっていたのでしょうか?
A このご質問の項目は現在調査中です。
  調査が完了し次第、掲載いたします。

そりゃ実際の大きさが変わるって
木星や土星みたいに気体がメインの天体だったり
惑星が衝突したりとか何か原因がないと、あり得ないよな…(・_・")

でも400倍の月は見てみたい。b0183304_1915675.jpg
[PR]
by quampaney | 2009-07-24 19:19 | 日常のボヤき / 独り言 | Comments(0)