トニー・レヴィンの初来日は…

>1971年、名ヴァイブ奏者ゲイリー・バートンのカルテットの
>メンバーとして初来日している。
>>トニー・レヴィン/wikipedia

やっぱり、ジャズ・プレイヤーとしては超久々の来日だった。
なんと38年前!しかもゲイリー・バートンのバック。
L'Image(リマージュ)もヴァイブ奏者マイク・マイニエリがリーダーのバンドで
71年の来日もヴァイヴのゲイリー・バートンとは奇遇だ。

こういう記述もあって笑った。
>ジョン・マクラフリンからマハビシュヌ・オーケストラへの
>参加要請の電話が来たが、電話を受けたのが義母だったため、
>名前を聞き取れずそのままにしてしまった

たしかに「McLaughlin」も「Mahavishnu」も知らないと聞き取れないだろうな。
宗教の勧誘と勘違いしたかも(笑)

ジャズ絡みの話といえば、ジャコ・パストリアス脱退後のウェザー・リポート。
新しいベーシストを探していたジョー・ザヴィヌルに
当時ウェザーのドラマーだったピーター・アースキンが紹介したのが
トニー・レヴィンだったそうだ。
きっと、渡辺香津美の『TO CHI KA』のレコーディングで共演した時に
レヴィンの弾くフレットレス・ベースが気に入ったのだろう。
b0183304_941310.jpg

結局、あちこちから声が掛かっていたレヴィンは
まさかのキング・クリムゾンに参加することになった。

[追記]
 Tony Levin's Road Diary
 レヴィン本人による名古屋公演日記(日本語Version)


■主な関連記事
L'Image公演
[PR]
by quampaney | 2009-09-09 08:12 | 音楽 / バンド | Comments(0)