ロー・アングル ≠ ロー・ポジション

昨日の記事の続きを書こうとしていて気付いた事が二つ。

まず、ロー・アングルとロー・ポジションを混同してた事。
カメラが見上げるのがロー・アングルで、
低い位置から撮影するのはロー・ポジションなんだそうだ。

※カメラを覗き込むチャップリン(ロー・ポジションですな)
b0183304_2348315.jpg

↓このサイトは分りやすいです。ここを見て、一目で理解できるはず。
❖アングルとポジションについて

よく「小津監督はロー・アングルが特徴で…」と言われるが
正しくは“ロー・ポジション”です。
b0183304_23485833.jpg

>>http://homepage2.nifty.com/yamamoto_kun/jiten.html
>小津が得意なのはロー・ポジション
>加藤泰はロー・アングル

もう1点は、2枚並べた『独裁者』のキャプチャーを見てて気付いた事。
この2つのシーンは、ほとんど(短い2カットをはさんで)繋がってるんだが
よく見たら空が違う。2枚目の空には雲がない!
同じ場所とアングルだけど、離れた時間に…
b0183304_21345720.jpg
ひょっとしたら別の日の撮影かも知れない。
[PR]
by quampaney | 2009-10-22 21:35 | 映画 / アニメ | Comments(0)