小津安二郎の「朱(あか)」と「アグファ(Agfa)」

カラー時代の小津映画というと
モノクロ時代からの「ロー・ポジション」と共に
「赤」へのこだわりが特徴的だと言われる。
私は、この「赤」という表現に、ずっと違和感を持っていた。
小津映画の画面内でアクセント的に使われる「赤」は
日本的な「朱色」だと思うからだ。
もちろん「朱色」も、ざっくりと表現すれば「赤色」の一種だが
映像(映画)作家の“こだわり”でなくても、普通に「」といえば
M(マゼンタ)100%+Y(イエロー)100%の「金赤(キンアカ)」か
もう少し「紅」に近い色辺りを差すのでは?
しかし、実際にGoogleで「小津」に加えて検索してみると
ヒット数が「赤」は「朱」の3倍以上…
(しかも「十朱久雄」など、カラーに関係ないワードが多い)
※小津 赤 の検索結果 約 103,000 件中 1 - 10 件目 (0.24 秒)
※小津 朱 の検索結果 約 34,200 件中 1 - 10 件目 (0.20 秒)

『彼岸花』(小津の初カラー作品)
b0183304_2132458.jpg

小津監督がカラー作品を作ろうとした時に、自分が望む「赤」を出すために
ドイツのアグファ・カラー(Agfa Color)を使ったと、よく言われるが
よく調べてみると、そんな単純な話でもないようだ。
  (テクニカラーとかデラックスカラーというのはよく見るが
   アグファ・カラーというのは小津映画を観るまで知らなかった)

『彼岸花』
b0183304_2134424.jpg

❖アグファ・カラーの「赤色」—『秋日和』の紅葉と婚礼—
>アグファの「赤」は,決して派手な色合いではなく,寧ろ,
>朱が掛かったような,赤茶けた,くすんだ色である。
>他の配色が全般的に地味なものであったから,
>あるいは,小津が好んだとも言われるアグファの
>「青」が要所要所に使われていることとの対照性から,
>「赤」が際立ったという側面もあろうが・・・

❖paperback
>アメリカのコダック製は、小津監督の大好きな
>赤色がとても綺麗に映るのですが、
>空の色が青過ぎてどうにも気に入らなかったらしく、
>ドイツのアグファ・カラーフィルムにしてみたら、
>今度は赤色が朱赤になってしまう。
>結局退色や褐色に強いという事等を考えて、
>アグファフィルムを使用したそうです。

❖小津安二郎のキャメラ番 厚田雄春の世界
>小津の初のカラー作品となった「彼岸花」(1958)では、
>フィルムをアグファにするかコダックにするかでずいぶん悩みました。
>“アグファの赤はちょっと朱色になり、本当の赤はコダックのほうが出るが、
>コダックは空が変に青くなるのでNG”というように一長一短だったからです。

『彼岸花』
b0183304_21361066.jpg

やっぱり小津自身、アグファの発色は「朱色」になるという
認識があったようだが(当たり前か…)
彼の考える綺麗な「青」を出したいがための妥協だったのか?
それとも「青」だけでなく、もともと狙っていた「くすんだ赤」=「朱色」
の両方が再現出来るという事で選んだのか?

私には、小津監督が「赤」で妥協したとは思えないし
たびたび登場する突き抜けたような「青空」も
“つなぎカット”とはいえ、いつも印象に残る強烈な「青」だ。
晴天の「青」と、和風で落ち着いた「朱」の両方ともが
小津の狙い通りの色で表現出来た、と考えれば合点がいく。
(蛇足だけど、大映での『浮草(1959年)』では「緑」が頻繁に使われています。
 これはDVDのオーディオコメンタリーで気付いた…というか、知りました。)

※Agfa(アグファ):日本法人の表記は「アグフア」
(以下、Wikipediaより引用)
文字の制約
2002年10月31日以前
商業登記上、以前は商業登記規則により、商号中にアルファベットやアラビア数字などの使用は認められていなかった(同規則48条の解釈。漢字であれば使用できる字体に制限がないとも解釈できる)。そのため、定款上はアルファベットであるが登記上は片仮名である会社もある(例:株式会社KVK→登記上は株式会社ケーブイケー、TDF株式会社→登記上はテーデーエフ株式会社、株式会社PALTEK→登記上は株式会社パルテックなど)。さらに以前はカタカナのャュョッァィゥェォも使用が認められなかったため、登記上の社名をヤユヨツアイウエオに置き換えたケースもある(例:ジャパンタイムズ→登記上は株式会社ジヤパンタイムズ)。
(筆者注)「キヤノン」「キユーピー」なども、そうですね。

※その他参考サイト
映画 ランダムソート「総天然色」
映画フィルム - Yahoo!百科事典

b0183304_2223189.jpg
小津安二郎の初カラー作品
『彼岸花(1958年)』

■関連記事
 小津安二郎の「青」と「晴天」
 小津安二郎の「緑」/その1『浮草』
 小津安二郎の「緑」/その2『お早う』
 小津安二郎の「色」/オフィス、アパート・・・
 小津安二郎の「色」/『小早川家の秋』
[PR]