雑音を抑えて、こっそり進行(侵攻)?

鳩山政権に替わってから初めての予算委員会。
いつものようにNHKは国会中継を放送したが
なぜか11月5日(木曜)の委員会だけは中継されなかった。

その日は、夫婦別姓の問題、外国人の地方参政権について、
天皇陛下在位20年を記念する臨時祝日についての質疑、
切り刻んだ日の丸についての追及…と
非常に濃いテーマが審議されたそうだ。
>>重要審議を中継しなかったNHK:博士の独り言

その日の審議のうち、稲田朋美議員の質疑が書き起こされた
2ちゃんねるのスレッド
が盛り上がっている。
>>【参政権】 鳩山首相「外国人の権利を守るのは日本人の義務」
 〜稲田議員「参政権付与は憲法違反」と反発
(記者が動画(衆議院TV)から発言を書き起こし)

稲田「・・・外国人参政権付与これは友愛政治の帰結なんでしょうか?
 簡潔にお答えください。」

鳩山「宇宙ができて137億年。そして地球ができて46億年が経っているわけです。
 その中で私は地球がまさに生きとし生けるもの、人間のみならず全ての生命体、
 ある意味では生命がないものに対しても存在しているものだと・・・」

鳩山「お尋ねの、確かに法改正が必要な部分も、あるいは・・・憲法失礼、
 憲法15条・・・、失礼、憲法の問題・・・、憲法ですよね?
 憲法15条というものに対して、私は、従いまして、様々な
 難しい問題があるということは認めておりますが、
 必ずしも憲法に抵触をしないでも、地方参政権を与えることは
 可能ではないかとその様に思っておりますが・・・

この日の予算委員会は、NHKでの中継だけでなく
民放テレビ局のニュースなどでも取り上げられることがなかった。
つまり、テレビ・メディアでは“なかった”事になっているのだ。

中継はされたがニュースで報道されなかった重要な質疑応答が11月4日にあった。

>>原口氏 [アピール21/NTT労組]献金・西松建設事件にそっくり?
 :政権交代。 あれ?


富田氏(公明)「西松建設事件の構造とそっくりですよ?これ。
 労働組合はそのまま(献金)出来ないけど、政治団体作れば(献金)出来るんですよ
 と自ら宣伝しているようなものだ。」

原口総務大臣「政治団体を結成する自由というのはどこにもあるわけです。
 そして政治資金規正法の中には、卑しくもこの法律が政治資金に
 対する様々な抑制になってはならないという事も書いてあるわけです。
 富田議員、原則は自由なんです。その自由の中での活動だという事を
 ご理解を頂ければ幸いでございます。」

>>アピール21 支援議員リスト

そんな中、党に対して批判をした民主党の議員が
相次いで処分や圧力を受けている。
>>マニフェスト批判の都議に離党勧告:10月28日(MSN産経ニュース)
■今日の”つっちー”■(民主党所属の東京都議会議員「土屋たかゆき氏」のブログ)
http://www2u.biglobe.ne.jp/~t-tutiya/cgi-bin/sf2_diary/sf2_diary/20091102.html#454

>>
チルドレンが「質問主意書」提出も撤回 民主党:11月5日(産経新聞)
>衆院予算委員会に所属する民主党の新人議員が、
>鳩山内閣に3本の質問主意書を提出したが、
>「政府・与党一体」を理由に問題視する同党幹部の意向などを受け、
>撤回したことが4日、明らかになった。

出た。政府・与党“一体”。
このところ、党の税制調査会を廃止して政府の税調に一本化とか陳情窓口一本化
それと、管直人副総理の「憲法には、三権分立とは書いてない」という爆弾発言千葉法務大臣の職権乱用など、三権分立の曖昧化や独裁体制への布石か…
とも思ってしまう動きが不気味だ。
それと、予算の事業仕分けチームからの新人議員はずし議員立法の禁止
などの窮屈で不自由な政治活動の制限がある一方
国会を延長をしての“議員立法”での提出を表明した「地方参政権付与法案」
しかも、“与党”民主党は、この前まで会期の延長に反対していたのだ。
この大きな矛盾には党内から批判が出ても不思議ではない。
そして、批判をすれば圧力がかかる。
有権者にとってもマニフェストに書かれていない法案についての追求が
テレビ中継もされずニュースにもならないまま
いつの間にか党議拘束なしで採決を…という話になっている怖さ。

「国家の主権を移譲する」という狂気のような提言も
もはや絵空事ではなくなって来たのか…
■民主党「憲法提言中間報告」のポイント
>(1)グローバリゼーションと情報化に伴う新しい変化や価値に応えるために。
>◆国家主権の移譲や主権の共有へ
>◆アジアとの共生
b0183304_2253104.jpg
[PR]
by quampaney | 2009-11-08 22:28 | 時事ネタ | Comments(0)