ミッキー・マウス、デビュー前にチャップリンと共演?

前記事を書いた後、重要な事に気付いた。

再掲>>
チャーリー・チャップリンの未公開映画、アンティーク缶の中から見つかる!
ミッキーマウスと共演:シネマトゥディ

>おそらく1915年ごろ、第1次世界大戦のプロパガンダとして作られたのでは

そもそも第一次世界大戦
1914年から始まって1918年に終わっている。
もし本当に“第一次世界大戦のプロパガンダ”用に作られていたとしたら
ミッキー・マウスの本当のデビュー作品でもあるわけだが
1901年生まれのウォルト・ディズニーは大戦当時まだ未成年。
それでも年齢を詐称してフランスに渡り軍隊生活をしている。

ミッキー・マウス - Wikipedia
>生年月日
> 1928年11月18日、日曜日、ニューヨーク
> ニューヨークのコロニー劇場にて、上映の目次の1番目でもある
> デビュー作『蒸気船ウィリー』(Steamboat Willie)の公開日でもある。
> しかし、その前の同じく1928年に『飛行機狂』(Plane Crazy)と
> 『ギャロッピン・ガウチョ』(The Gallopin' Gaucho)という作品にも
> 出演しているため、ミッキーにとっては3作品目でもある。

つじつま合わないよ。

■関連記事
Charlie Chaplin in Zepped(飛行船のチャップリン)
チャップリン幻の作品?
[PR]
by quampaney | 2009-11-10 09:24 | 映画 / アニメ | Comments(4)
Commented by WOO at 2009-12-14 10:27 x
これは日本語記事を書いた記者が“taking the mickey out of the Zeppelin”(チャップリンがツェッペリンをからかう)の“mickey”の部分をミッキーマウスと勘違い(!)したものですね。“Zeppelin bombing attack”を「ツェッペリンの爆発」と訳すのも無茶でしょう。第一次大戦開戦時といえばツェッペリンによるロンドン空襲(初空襲は1915年8月)が行われていた時期で、これは明らかに「ツェッペリンによる爆撃」。日本語記事を書いた記者は有名な飛行船爆発事故を連想したのでしょうが、ヒンデンブルク号爆発事故は1937年の出来事ですし。
Commented by WOO at 2009-12-14 10:52 x
補足:チャップリンのアニメ自体は実在します。
「フィリックス・ザ・キャット」で知られるパット・サリヴァンが正式にチャップリンの許諾を得て制作していたシリーズです。
観たことはありませんが…
Commented by quampaney at 2009-12-14 12:58
WOOさん、初めまして!
記者の勘違いでしたか(笑) そうすると
>実写のチャップリンとアニメーションを交え
という部分も怪しいですね〜。
パット・サリヴァンで検索してみたら、ありました!
『漫画チャップリン/風車の巻』1915年
『漫画チャップリン/海浜の巻』1917年
時期的にも同じです。
WOOさんからコメント頂けたパット・サリヴァンの
シリーズの一つかも知れないですね。
『漫画チャップリン/ツェッペリン号の巻』とか(笑)
確証は得られませんが、すっきりしました。
情報ありがとうございました。
Commented by WOO at 2009-12-14 14:07 x
レス有難うございます。

これがソース元ですね。
ttp://www.guardian.co.uk/culture/2009/nov/05/charlie-chaplin-ebay-reel-tin

どうやらサリヴァンのものではなさそう?
ttp://bioscopic.wordpress.com/2009/11/09/charlie-chaplin-in-zepped/