Charlie Chaplin in Zepped(飛行船のチャップリン)

『チャップリン幻の作品?』『ミッキー・マウス、
デビュー前にチャップリンと共演?』
という記事で取り上げた
『Charlie Chaplin in Zepped』という未公開映画。
ずっと謎のままだったのですが、WOOさんという方からコメントを頂き
何となく全貌が見えてきました。
b0183304_18224961.jpg

ミッキー・マウスは全く関係なかったですが(笑)
実写のチャップリンがアニメと共演した作品のようです。
ソースを教えて頂いたので、WEB翻訳で読んでみました(^_^;)
・・・以下、不自由な日本語をペースト

Collector finds unseen Charlie Chaplin film in tin sold for £3.20 on eBay
:guardian.co.uk

法的な論争はZeppedが広い流通を決して見なかったという事実を説明するかもしれません。
チャップリンは「材料を浪費しない傾向があった」ので、ロビンソンは、Zeppedが#知られている場面と8211から成るかもしれないと信じています。 しかし、彼は以下を言いました。 「フィルムには真新しいチャップリンギャグがあるという見込みがいつもあります。」

Charlie Chaplin in Zepped:The Bioscope
フィルムがチャップリン映画の Tramp、 彼のNew Profession、および A Jitney
ロゴでKeystoneスタジオから始まります、
ィルムの Tramp、 彼のNew Profession、および A Jitney Elopementからのアウトテーク、より長いショット、および新しい角度があります。
チャップリンが1914-18の期間(現在アニメータのための正規科目であるチャップリン)の別々のアニメ映画で切り取るように彼らが彼らのチャップリン歴史、およびフィルムコレクタの習慣を知って、一緒に編集されて、これがだれかによる何らかの急いで作り上げている項目であると思った人にとって思えました。
6分のフィルムは、Keystoneの混合物と、Essanayタイトルと、アニメーションです。 後者が1916年にMutualを接合するのを残して、チャップリンは1914年のKeystoneにEssanayを接合させました。 Essanayが損失から Triple Trouble(1918)を発行することによってベストを作ろうとしたのが知られています、チャップリンアウトテークのごたまぜ、しかし、 ZeppedはKeystoneとEssanayタイトルを含んでいます、
チャップリンバイオグラファサイモンLouvishは、フィルムがエジプトで編集されたと推測します

・・・???
ひょっとして、1918年の『三つ巴事件(Triple Trouble)』*と同じような
“編集(デッチあげ)”作品?

*『三つ巴事件(Triple Trouble)』
 チャップリンが1916年にエッサネイ社からミューチュアルへ移籍した後
 レオ・ホワイトがエッサネイ社のチャップリン作品の一部や
 追加撮影した映像を編集して作り上げた映画。

WOOさんとコメントのやりとりをしていて、
チャップリンのアニメ作品の事も知りました。
“Felix the Cat(※日本では1963年から「とびだせフィリックス」
として放映)”で有名なパット・サリバンが製作していたそうです。
世界アニメーション映画史 第1集のVol.4に
「漫画チャップリン/風車の巻(1915年)」、特典映像として
「漫画チャップリン/海浜の巻(1917年)」が収録。
しかし料金的に、ちょっと手が出ません(汗)…
1本づつバラ売りしてくれないかな〜。
b0183304_18333564.gif
[PR]
by quampaney | 2009-12-16 18:28 | 映画 / アニメ | Comments(0)