『チャップリンの影〜日本人秘書・高野虎市』

b0183304_2153135.jpg発売されたら読もうと思っていた大野裕之さん『チャップリンの影〜日本人秘書・高野虎市』、面白くて一気に読んだ。
ただ大野さんの直筆「サイン本プレゼント」キャンペーンがあったのに、うっかりタイミングを逃してしまって、書店まで買いに行った。告知のメールも届いていたのに… (´・ω・`)

チャップリンの秘書を“日本人”が務めていた、という話は一般的には、まだあまり知られていない。明治生まれのニッポン人が、遥か亜米利加まで行き当時すでに世界的な大スターだったチャップリン氏の秘書の職を得る。しかも大野さんの本によれば、面会した瞬間に採用が決まったそうだ。この「天才との出会いシーン」から一気に惹き込まれた。

最初は運転手としてだったが、全幅の信頼を得て、全財産の管理まで任されるようになったMr.コーノ。実は、ボンボン育ちの不良だったそうだから面白い。世紀の天才は、この野心的なモダン・ボーイと出会った瞬間に「こいつならウマが合う」とインスピレーションを受けたのだろう。
 ※中央に映っているのが、高野虎市(こうの・とらいち)氏
b0183304_21554953.jpg

日本人初のバス運転手だったかも知れない…というエピソードをはじめ、大野さんならではの緻密な調査で興味深い逸話がてんこ盛り。いつもながら“一次ソース”主義に徹し、戸籍や旅券などの書類の検証から当時を知る人々のインタビュー等々、本当に大変な労作だ。日本人移民についてや、戦時下の日本人収容所(彼の広い人脈や時代状況のためスパイ容疑をかけられ長年に渡って苦境に立たされた)の状況にも詳しく触れられ、時代背景に忠実に生々しく描かれる一方で、コーノ氏が面白可笑しく“脚色”した話を元にした『悲劇の王様』という珍本からも翻訳して引用され、飽きさせない構成だ。歴史的な『5.15事件』の標的になったり外れたりと“気紛れな天才”に翻弄されるコーノとテロリスト達。その時間的経緯を含んだいきさつも詳しく知れた。

2000年に出版された『チャップリンのために』に衝撃を受けて以来、大野さん(何と1974年生まれ!!)には注目していたのだけど、
b0183304_2156274.jpg

この驚異的な「アウトテイクスの詳細」を更に具体的にまとめあげた、チャップリン研究史に残るであろう超大作『チャップリン・未公開NGフィルムの全貌』も、ようやく本棚から取り出してページをめくる日が来そうだ…(^_^;)
b0183304_21573232.jpg
大野裕之オフィシャル・ブログ
日本チャップリン協会
劇団とっても便利
[PR]
by quampaney | 2010-01-12 22:00 | 映画 / アニメ | Comments(10)
Commented by シェリー at 2010-01-15 15:01 x
こんにちは♪大野裕之先生のブログを通じてここに来ました。
私、まだ本買ってないんです。それで今月買おうかと思ってるんです。

Commented by quampaney at 2010-01-16 09:44
シェリーさん
こちらにも来て頂いて、どうもありがとうございます。
日本人秘書から見た“気紛れなチャップリン”は
とても面白いですよ〜。
Commented by シェリー at 2010-02-07 19:47 x
こんばんは。シェリーです♪
こないだブログを再活動したんですが、私には不向きだったので
開設してすぐ閉鎖しました(苦笑)
私がチャップリンを初めて知ったのは幼稚園の時、姉が読んでいた
チャップリンの伝記本を見て知り、初めて映画を見たのは
小4の時、NHKでチャップリン映画特集をたまたま見て、チャップリンの
ファンになりました。
チャップリンのファンになってからビデオを借りまくったり、伝記本を
読み返したりしてました。

高野虎市のことは数年前に『トリビアの泉』で初めて高野虎市の存在、
チャップリンのマネージャーが日本人だってことを知りました。
チャップリンの秘書が日本人だって聞いたときはもうビックリしましたし、
同じ日本人としてとても嬉しかったです。

やっぱり私には手紙・メール、その人のブログに行ってコメントを
書いたほうが性に合います。
Commented by quampaney at 2010-02-08 10:18
再開メッセージにレスしようと思ったら、もう消えていてどうされちゃったのかと思いました(笑)
トリビアでもやっていましたか。今後も、チャップリンについて語りましょうね。
Commented by シェリー at 2010-02-09 20:37 x
日本チャップリン協会のことは3年前にネットで知り、3年前の12月に
チャップリンファンクラブに入会しました。
瑞希さんはチャップリンファンクラブに入会されてますか?
Commented by quampaney at 2010-02-09 21:02
入会してますが、あまり活動には参加してないですね。
2006年に大野さんのセミナーがあるのをネットで知り
参加させて頂いたのがきっかけです。
Commented by シェリー at 2010-02-09 21:28 x
私が大野先生のファンになったきっかけは3年前に『知るを楽しむ~チャップリン~』を見たときでした。
最初は全く興味がなく、テレビで見ても先生の存在と名前を忘れて、第一印象は『なんだ?このひょろひょろとした奴は?こんな人がチャップリン研究家をやってて大丈夫なの?』でした。
久しぶりに『知るを楽しむ』を見たら先生の魅力的なトークに惹かれて
先生の大ファンになりました。
トークだけじゃなく、優しくて・知的で・誠実・温厚そうな人柄にも惹かれました。
以来、先生が書いた本を読みあさったり、ネットで先生のことを調べました。先生はチャップリン研究家だけじゃなく、劇団とっても便利の主宰者で大学の先生をやってらしてびっくりしました。
先生のファンになってから『大野さんの講演会やチャップリン協会のイベントに参加するぞ』って誓ったんです。


Commented by シェリー at 2010-02-09 21:51 x
書き忘れてましたが、今年はチャップリン協会のイベントに
参加できるといいですね♪
Commented by quampaney at 2010-02-10 09:53
テレビでの解説もそうですが、大野さんのチャップリン論は切り口が新鮮ですね。そのうち役者の大野さんも観てみたいです。
Commented by シェリー at 2010-02-10 13:23 x
私、役者としての大野先生を一度見たことがありますよ。
2年前に『complex』を見たとき、先生、チャップリン研究家の時と
違ってすんごい迫力あって、毒気を放ちまくってました。