間接照明が作り出す癒しの空間

数年通っている床屋が移転してリニューアル・オープンした。
シンプルで明るく開放的だったお店から
ジャズの流れる落ち着いた理容室に変わっていた。
気合い入れてお洒落な店にイメージ・チェンジしたんだなぁ…と
少々戸惑いながらも席に案内されたのは個室だった。
なんだこりゃ〜(>_<)

私は、あまり話しかけられる理容師さんが苦手だ。
だから淡々と仕事して欲しいと思うタイプなんだが
個室では間が持たない。
今回カットしてくれた人も口数が少ない人だが
まあ仕方ないな…と、いつものように切ってもらう。

※写真はイメージです
b0183304_21152370.jpg

なんだか鏡に映る姿がよく見えない。
たしかに私は最近、また視力が落ちたのだが
それにしても見づらい。照明が暗いのだ。しかも
ウッディな内装と間接照明を取り入れた柔らかい照明に合わせて
鏡にも、ほんのりブラウン系の色が付いている。
目の前に置いてある真っ白な小物が、
鏡にはベージュ色に映っているのだ。

何度か担当してもらっている人なので、正直に
「見づらくなりましたねぇ。鏡もちょっと遠くなったし」
と言うと「・・・うん、そうそう」と返された。
明らかに仕事もやりづらくなったようだ。
後ろをカットした後、折り畳み式の鏡に映して見せてくれる。
「どうでしょうか」と聞かれるが
「よく見えないけど、いつも通りですよね」
と答えるしかなかった。
家に帰って確認してみたが、何となくいつもより
雑な仕上がりに見えた。

※写真はイメージです
b0183304_2131792.jpg

1ヶ月ほど経った先日、また同じ店に出かけた。
今度は個室ではなかったが、その席もまた照明が暗い。
ジャズを聞きながらいつものように切ってもらう。
だが、さらに前回以上に鏡が見づらい。
カットしてもらう席の後ろには、洗髪用の席が並んでいて、
その洗髪台を“間接的に”照らす照明が“前”を向いている。
つまり真っすぐ前の席、今カットしてもらっている自分の
頭のちょうど真後ろを逆光で照らしているのだ。
これって完全に設計ミスじゃない?
鏡に映る自分の頭に“後光が射している”なんてあり得ない。
ジャズは良い。間接照明は百歩譲って良しとしても
客の頭を後ろから照らすライトは論外。
いや、間接照明もいらない。
なんのための“お洒落”な内装なんだか。
最低限の機能が果たせない店舗デザインはダメでしょう。
さすがに、次回から店を変える決心をした。

※あくまでも写真はイメージです
b0183304_21155130.jpg
[PR]
by quampaney | 2010-01-21 21:22 | 日常のボヤき / 独り言 | Comments(0)