小津安二郎『学生ロマンス 若き日』-2

<<<小津安二郎『学生ロマンス 若き日』-1の続き

ここからは、割とどうでもいい話です(笑)
気弱な山本(斎藤達雄)の部屋に渡辺(結城一郎)が転がり込んで、ずうずうしくも机の上にあった缶を手に取って、美味しそうに中身を食べるシーンがある。
b0183304_21121490.jpg
缶の中のスープ状のものに付けて食べる“おやつ”って何だろうと思って、映像を止めて缶の文字を良く見ると「Asparagus」とも読める文字が。当時、アスパラの缶詰を“おやつ”に食べるのって普通だったのか。ヘルシーで良い“お菓子”だな。

b0183304_21125171.jpg仕送りのお金が来ない渡辺と、財布を落としてしまった山本。スキーに行く資金がなくなって落ち込んでいたが、渡辺が決心する。〝俺は偉いんだ〟〝上を向け 上を〟と云い、本やトロフィーを風呂敷に包んで〝俺は第七天國へ行くんだ〟と言って出掛ける。第七?あぁ、質屋(しちや=ひちや)ね(笑)壁には『Seventh Heaven』というタイトルの映画らしきポスターが貼ってある。この映画、フランク・ボーゼージ監督の『第七天国(1927年)』だそうで、坂本九の『上を向いて歩こう(永六輔作詞)』の元ネタの「下は向かずに、上を見るように」というセリフが有名らしい。渡辺の台詞(字幕)〝上を向け 上を〟は、この映画の引用だったんですね。それにしても〝俺は偉いんだ〟という言葉、今はこんな風に話さないよなぁ。
ヒロインの松井潤子(千鶯子)と母親役の飯田蝶子が、二人並ぶと結構似ていて本当の親子のようなだと思った。1897年生まれの飯田蝶子さんは当時32歳(!)。さすが老け役の名人。今なら娘を嫁に出すどころかアラサーで婚活中でもおかしくない。映画の中では50歳くらいの設定か。
b0183304_21134845.jpg
“若き日”の笠智衆さん。1904年生まれなので撮影当時25歳。こんなストレートな笑顔や、パイプをくわえて“ちょいと”気取ったポーズをとる笠さんは新鮮です。
b0183304_21141743.jpg
1929年『学生ロマンス 若き日』
この映画、「見合い」だけでなく、ちゃんと長~い「宴会」シーンもあります(笑)
b0183304_21144391.jpg
[PR]
by quampaney | 2010-03-30 21:17 | 映画 / アニメ | Comments(0)