『浮草(大映)』松竹以外での小津作品の照明-2

1959年の『浮草』は、大映での作品。撮影は“名匠”宮川一夫。照明は『赤線地帯(1956年)』『鍵(1959年)』『おとうと(1960年)』などに関わった伊藤幸夫。

この映画において“三次元的に不自然な照明”が登場するシーンは(たぶん)2ヶ所のみ。
まずは、中村鴈治郎と川口浩の将棋の場面。2ショットでは鴈治郎の右真横から当たっていた照明が、アップでは(右寄りとはいえ)ほぼ正面からに変わっている。
b0183304_21132016.jpg
次に、若尾文子と川口浩の逢引の場面。2ショットでは二人の右後方からの光線が、若尾のアップでは前方からの照明に。
b0183304_21145212.jpg
将棋シーンの鴈治郎のアップは微妙だが、若尾の正面からの照明については、単に逆光を避けた自然な“絵”にしたかったのだろう。

その他、数人での切り返しショットがあるシーン、たとえば笠智衆扮する旦那が楽屋を訪ねるシーンでは、集合カットとの整合性は問題なし。ただし京マチ子のアップは、額のほぼ正面からライトが当てられているようで、微妙だ。
b0183304_21152714.jpg
同じように、居酒屋でのシーン。実際の照明(セット上の灯り)は、赤丸で囲った位置。
b0183304_21161577.jpg
このシーンでも三井弘次に当たる照明が何とも微妙。かろうじて右上からのライティングではあるが、この“ほぼ正面”というのがクセ者で、しかも割と近い距離から当てているようで、ちょっとした頭の向きで影の方向が変化する。次回の記事になる東宝での『小早川家の秋(1961年)』でも、同じようなライティングが頻繁に登場する。
b0183304_23211175.jpg
いずれにしても、『宗方姉妹』のように“分かりやすい矛盾”といえるショットは『浮草』においては最初に挙げた2点以外に見付けられず、ロケが比較的多いせいもあって全体的には自然な照明で撮影された作品といえそうだ。

話が切り返しショットから離れるが、『浮草』の中で照明が効果的に使われた例として、まっさきに芝居小屋の薄暗い廊下で若尾と川口が初めて落ち合うシーンが思い浮かぶが、その他では、鴈治郎と京マチ子が喧嘩した後の場面が対照的な照明になっており面白い。京マチ子演じる“すみ子”には、正面(と後方)からライトが当たっているのに対して、駒十郎の顔は影になったままだ。
b0183304_2120437.jpg
(続く…)

■主な関連記事
 『宗方姉妹(東宝)』松竹以外での小津作品の照明-1
 小津映画の不思議なライティング(比較:成瀬巳喜男)
 『大学は出たけれど』-2:小津の切り返しショット[1]
 小津安二郎『大学は出たけれど』-1
 小津安二郎『学生ロマンス 若き日』-1
 小津安二郎の「青」と「晴天」
 小津安二郎の「朱(あか)」と「アグファ(Agfa)」
 小津安二郎の「緑」/その1『浮草』
 小津安二郎の「色」/オフィス、アパート・・・

b0183304_16415747.jpg『浮草(1959年)』
[PR]
by quampaney | 2010-07-20 21:23 | 映画 / アニメ | Comments(0)