『小早川家の秋(東宝)』松竹以外での小津作品の照明-3

1961年『小早川家の秋』は、東宝での作品(製作は宝塚映画)。撮影は『七人の侍(1954年)』『蜘蛛巣城(1957年)』『天国と地獄(1963年)』など一連の黒澤作品で知られる中井朝一(なかい・あさかず)。照明は『野良犬(1949年)』『足にさわった女(1952年)』『浮雲(1955年)』『社長太平記(1959年)』など数々の名作に関わった石井長四郎。

自然体でアドリブ好きな森繁久彌の扱いに苦労した様子が、照明に注目しても伝わってくる。まずは、相手の女性(原節子)に事情を話さず“見合い”をするシーン。
※クリックで拡大(以下同)
b0183304_205682.jpg
3人が座る席の様子は、左上のカットで分かる通り、壁側から照らす灯りはない。よって原節子に当たるライトは、典型的な“三次元的に不自然”な“不思議照明”だ。森繁と加東大介には、先の『浮草(1959年:大映)』の記事で挙げた居酒屋シーンのように“額の正面”から当たっているようだ。

バー・カウンターのシーンも同じように“額の正面”からの照明のようだが、この“並びのカット”ではキーライトの位置が特定しづらい。
b0183304_20564112.jpg
切り返しショットでは、それぞれ相方に顔を向けた方向からライトが当てられているように見えるが、真っすぐを向いた時の“首の影”を見ると、それほど横方向から当たっているようにも見えない。ライトからの距離が近いせいか?
b0183304_20572352.jpg
中村鴈治郎が演じた万兵衛の臨終後のシーン。ここでの浪花千栄子への照明は3ショットと単独ショットを比べても矛盾していない。ところが、司葉子と小林桂樹の2ショットで、ある事に気付く。司葉子の照明は“首の影”から判断すると右上方から当てられており、一方、小林桂樹は反対側の左上から照らされているように見える。役者それぞれに別々のキーライトが当てられているようだ。おそらく先のバーカウンターでの“並びの2ショット”も森繁と加東大介に別々のライトが、各々の正面から当てられているのだろう。
b0183304_2058781.jpg
同じようなシーンを松竹の『秋日和(1960年)』と比べてみる。顔を傾けた時の“影”が、こちらの方が自然だ。キーライトは、二人の中間の位置から1機で照らしているのだろうか。
b0183304_20585110.jpg
ちなみに切り返しショットは、並びの2ショットとほとんど矛盾しない。
b0183304_20591898.jpg
小早川一家でのシーン。それぞれの切り返しショットでは、小林桂樹のアップが集合ショットとは“逆”になった“不思議照明”。原節子は、集合カットと同じく右上から照らされているようだが、顔が動くと影も複雑に変化して分かりづらく微妙。
b0183304_210412.jpg

b0183304_2103465.gif
ところが、司葉子のショットでそれまでの謎を解くヒントがあった。
アニメGIFにしてみたので分かりやすいと思うが、額に近い位置からライトが当てられているようで、そのためアゴの影が顔の動きに連れて移動するのではないだろうか。

(この説が当たっているとしてだが)この『小早川家の秋』の撮影で見られる“近い位置からキーライトを当てる手法”は、ひょっとすると、他の役者と比べて身体の動きが多い森繁対策から始まったアイデアなのでは?動きの少ない小津映画の中で、必要以上に影(陰影)が出来ないよう、2ショットのシーンでも出来るだけ一人づつライトを当てて、極力“影”を抑える。それが『小早川家の秋』における「小津調の照明≒平面的な絵」という“解釈”だったのでないだろうか。
(続く…)

■主な関連記事
 『浮草(大映)』松竹以外での小津作品の照明-2
 『宗方姉妹(東宝)』松竹以外での小津作品の照明-1
 小津映画の不思議なライティング(比較:成瀬巳喜男)
 『大学は出たけれど』-2:小津の切り返しショット[1]
 小津安二郎『大学は出たけれど』-1
 小津安二郎『学生ロマンス 若き日』-1
 小津安二郎の「青」と「晴天」
 小津安二郎の「朱(あか)」と「アグファ(Agfa)」
 小津安二郎の「緑」/その1『浮草』
 小津安二郎の「色」/オフィス、アパート・・・

b0183304_16401198.jpg『小早川家の秋(1961年)』
[PR]
by quampaney | 2010-07-22 21:07 | 映画 / アニメ | Comments(0)