「ほっ」と。キャンペーン

King Crimson:隠れた名曲「Message 22」

『Power to Believe Tour Box』
b0183304_21503235.jpgTrack 10「Message 22」
Robert Fripp, Adrian Belew, Trey Gunn, Pat Mastelotto
※Recorded at Studio Belew,11th March 2002
 Assembled by Pat Mastelotto and David Singleton
これは2003年のPower to Believeツアー時に会場で売っていたアルバムで、ツアー・ボックスといっても、1枚のCDと20ページの英語版ブックレットがDVDトール・ケースに入ったもの。コンサートのパンフ代わりとしてのCDで、実際まとまった“曲”といえるトラックはほとんどなく、『パワー・トゥ・ビリーヴ』(以下PTB)の制作過程で完成には至らなかったデモ音源やセッション、インタビュー等が収められている。その中で、ちょっと気になった未発表曲「Message 22」は、'80年代クリムゾンのようなリフを用いた曲。ただしリフは、琴か三味線の様な(以下“邦楽弦”と表記)音色で演奏されているのが特徴で、人によっては違和感を感じるだろう。'80年代といえば、ビル・ブラッフォードの左足側に置かれたシモンズのバスドラで鳴らしていた「チンッ!」と鳴るペダル・ハイハットの代用音があるが、これに似せた音を、2002年のレコーディングで使われていた事は個人的にツボだった。
CDケースの裏ジャケットに「Message 22」について“Assembled by Pat Mastelotto and David Singleton”とある。編集の痕跡は多いが、ProjeKct Xやbpm&m(またはProjeKct3,4)等とは随分と毛色が違う。David Singleton(デイヴィッド・シングルトン)はクリムゾンやProjeKct関連等のレコーディング・エンジアニアという以外よく知らないが、ProjeKct系がセッションの“断片”を編集して曲として構成したものだとしたら、この「Message 22」は、もともと“曲”として形になっていたものを、雰囲気を大きく変えずに加工・編集し直したように思える。拍子が目紛しく変わるのは面白いが、8分音符が1個だけぶら下がっていたり等、あからさまな切り貼りは評価が分かれるところだろう。しかし、よく聴くと“素材”そのものはインプロやジャムでなく、あらかじめ作曲されている音源のようで、完成度は決して低くない。何らかの事情でPTBには収まる場所がなかった曲を、ただお蔵入りさせるは勿体ないと思ったパット・マステロットが「どうせなら!」…と、やりたい放題・好きなように加工した実験作なのかも知れない。聴き始めの頃は、つかみ所のない曲だと思っていたが、変拍子などを数えたりして探っていくうちに少しずつ面白くなり、今では“かなり”お気に入りの曲となった。

※収録内容については、以下のサイトに詳しく載っています。
>>King Crimson Data Base
>>Fractalism
b0183304_215225100.jpg
え〜、ここでまずお断りして予防線を張っておきますが…
私は譜面や音符が苦手です…(^_^;)
もっと言うと、そもそも「1拍」とか「1小節」の意味がよく分かっておりません。
だから、しょっちゅう「エイトビートの1小節は4拍だっけ?」となるし、
“早いテンポの8分音符”と“遅いテンポの16分音符”の区別が付かない時もあります。
あ"ーーーーっ(>_<)、こういう事を考えているだけで頭が痛くなる。
だいたい譜面を見ても、音やリズムがイメージ出来ません。

・・・という訳で、リズム譜とさえ言えないけど、拍子などの構成を自分なりに“図面”にしてみました。ですから、たとえば「8/4」という表記も、「4/4」ではスッキリしない1ブロック(たぶん2小節)のつもり。特に編集段階での人工的な操作が加えられている箇所は、リズムの頭が分かり辛く、そういう所は“数えやすい楽器”を頼りにしました。よって実際にはポリリズムになっている事をスルーしている可能性もあります(+_+)が、全体の“音の長さ”は図面の通りのはずです。

さて、「Message 22」は、こんな感じです…

1.
イントロは、明らかに編集された6/4拍子の邦楽弦リフ。3回繰り返した後は4拍子(表記は8/4)に変わりフィルイン。元はこの拍子で演奏されていたと思われる。そしてPTBでも聞かれたエイドリアン・ブリューの加工されたヴォイスが入る。この曲はヴォーカル・パートが少ない上に全てが電子的に加工された声。しかも大半は歌詞がない。シモンズ風ペダル・ハイハット(図面では△マーク/以下“CH音”と表記)は、イントロでは奇数拍オモテ、その後は偶数拍のウラに変わる。ヴォーカル・パート前半では再び奇数拍のオモテに戻るが後半では偶数拍のオモテ、そして偶数拍のウラ…と変化。そして、リズム・パターンが裏返る奇妙なパートに入る。
b0183304_12242710.jpg
2.
バスドラ(茶色の丸/“キック”と書いた方が通じる?)が1拍・3拍の裏、スネア(緑)が2拍・4拍の裏という具合に半拍ずれて裏返ったパートから、3/8を経てミニマル・リフの7/4拍子になる。このあたりなども最初は気持ち悪く感じるが、分かると快感。ここからのリフは邦楽弦ではなく普通にギターの音。7/4の始め4拍は“裏返ったノリ”を引き継ぐが、後半3拍から“比較的”ノーマルな7拍子に。アクセントをずらしたパターンが気持ちいい。“裏返ったノリ”と“アクセントをずらした”ノリの違いは実際に聴かないと分からない(笑)。と言いながら、7拍子の2小節目以降はトレイの弾くWarr Guitarのアタックのせいでバスドラの位置が不明(´・ω・`) 。CH音は前パートの偶数拍ウラ打ちを継続し、その後3/8が入るので7拍子リフからは1小節毎に奇数拍と偶数拍が入れ替わる。ブラッフォードも好んで演っていたパターンだ。4小節目では6拍子になる。
b0183304_12314179.jpg
3.
次のヴォーカル・パートでは、前の7/4〜6/4と同じペースでCH音が打ち続けられるので、10/4と次の8/4までは偶数拍のオモテ。途中から奇数拍の裏になり、その後ベース(Warr Guitar)と邦楽弦(フリップのサンプリング・ギター)のパートでは不規則に。クリーム色の丸はCH音に似たヴィブラフォン系のパーカッション。Warr Guitarのメロディーを中心に何となく当てはまりそうな拍子を数えたが、他の演奏とポリリズムになっている可能性もある。だとしたら、完全にお手上げ/(^o^)\
b0183304_12353040.jpg
4.
最も分かりにくく数えにくいパート。ここからCH音は奇数拍のウラで10拍、その後は偶数拍のウラを打つ。最後に8分音符1個が余分にあるため、4拍子のパートからは奇数拍のオモテ。そこからの刻みはリズムの頭だろう(…と思いたい)。ヴォーカルが終わり、抽象的なブリューのギター・ソロが静かに始まる。最後が9拍子で次のパートのリフにスムーズに繋がる。
b0183304_12403438.jpg
5.
前のパートから続くCH音を、偶数拍のオモテでキープしながらの4拍子に、REDの中間部のような9/8と6/8が組み合わされたギターとベース(Warr Guitar)のリフが乗っかる。4拍子24小節(8/4で12小節?)で収めるクリムゾンらしいポリリズムだが、ラテン系パーカッションの音色も使われている。
b0183304_12162890.jpg
6.
静かなパートの最後、4/4の2拍目でCH音は終了。3/8という半端な拍を挟んで、いよいよ後半戦突入のフィルイン。
b0183304_12443183.jpg
7.
フリップの邦楽弦リフと、同じくフリップのヴォリューム・ペダルを使った(?)バッキングに、ブリューのギターがウネウネと絡む。ここは4拍子だけで進行する唯一のパート(笑)
b0183304_124795.jpg
8.
ブリューのフレーズがメロディアスになり、途中からベース(Warr Guitar)と共に変拍子を交える。
b0183304_1249843.jpg
9.
最後のヴォーカル・パート。後半はターン・テーブルのプレイのようなギクシャクした編集パート。
b0183304_1257347.jpg
10.
最終章は、緊張感溢れる3連を交えた邦楽弦のフレーズの後、ベース(Warr Guitar)が先導する変拍子パートがあり、ラストは5連と6連を交えたフレーズで決めて終了。
b0183304_12594074.jpg
これを読むと凄く長い曲のように思えるかも知れないが、わずか5分23秒のコンパクトな曲です。

やっぱり、琴や三味線のような邦楽器の音源を使った事で随分とイメージ的に損をしているように思う。上記サイトFractalismにも書かれているように、どうしてもチープに聞こえてしまうのだ。普通にロックなギターにしていれば、すんなりとPTBのアルバムに馴染んで無事に収録されたかもしれない。アルバム全体の収録時間も50分ちょっとしかないし…
b0183304_2158273.jpg■King Crimson
『The Power To Believe(2003年)』


■主な関連記事
 King Crimson 2008年:幻のラインナップによるライヴ
 キング・クリムゾン終了(ロバート・フリップ引退)
 変態BGM:King Crimson「Form No.1」
[PR]
by quampaney | 2011-02-02 21:59 | 音楽 / バンド | Comments(2)
Commented by komy at 2011-02-05 01:13 x
すごい!
ここまで聞き込み、表現できる人はほんと少ないと思います。
Commented by quampaney at 2011-02-05 09:25
komyさん、コメントありがとう。
いや〜、耳コピはこれが限界で
もし楽譜を書く知識があったとしても
この曲のドラム譜でさえ書けないですわ。。。