「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ふと思った。

スラップは、オープンに蓋(ふた)をする感じ?
[PR]
先輩のみなさん方、頑張っておられます。
思い切って「トラックバック」っちゅうのをしたいけど
させて頂きたい記事は時間が経ってしまってる…
>>音楽と音楽じゃないものと私「 トラベルコンガ・レポート」
>>コンガ♪ボンゴ♪ダンス♪Minolito! 「迷いながら練習」
>>たたく。たたく。「スラップ。」

プロの演奏も、鑑賞する分には勿論いいんだけど
ほんとに上手過ぎる人の映像って、テクを勉強するには
いったい何を演ってるのか分らない事が多く
あまり参考になるとは言えないかも…orz
Giovanni Hidalgo
Giovanni Hidalgo Solo Primera Parte

同じジョバンニ・ヒダルゴさんですが
これは“比較的”分りやすい。途中から超絶になるけど…
giovanni hidalgo tecnica de manos

このキャンディドというオッサン(おジイちゃん)のプレイ
面白いんだけど、ちょ〜っと特殊すぎて・・・。
どうしてこの指先の動きで、こんな音が出るんだろ。不思議すぎ。
(この映像、ちょっと音が小さいので
 ボリュームをちょっと大きめに設定してみて…)
CANDIDO CAMERO-MANTECA

♪超メロディアスなコンガ♪

次に、IRAKEREにに在籍した故Miguel Anga Diazという人の教則映像。
これ、僕も持ってるんだけど今覚えたいテクとはあまりにもかけ離れてるので
とりあえず観て楽しむことにして
ひとまず自分の「潜在意識」に入れておいて熟成させてる。
そして来世のために(笑)活用することにしてます(`・ω・´)
・・・というか、こういう超絶ビデオって「教則ビデオ」としてどうよ?
Miguel Anga Diaz solo from ANGA MANIA!

こういうのは分りやすい。手元もよく見えるし、参考になる。
Solo on one conga
one conga practice

どうして手袋?
Johnny Conga Rhythms
[PR]
火曜のコメントで偉そうに休肝日宣言したけど、結局その日1日だけだったよorz 少し多めに呑んだ次の日は、やたらお腹が空く。今日はいつもより1時間早く、しかも炭水化物付きの昼食。味噌汁に餅を入れて食べた。もちろん納豆も。
よく飲み会での帰り道には、お腹が空いてタクシーにコンビニに寄ってもらいカップ麺を買ってしまう。普段はカップ麺って食べないけど、酔っぱらった時はジャンクなものがやたら欲しくなる。定番の「どん兵衛」や「カレーヌードル」が好き。ついでに魚肉ソーセージなんかも買って、帰ってから食べる。で、朝起きると、胃がもたれているんだな…。
不摂生は不摂生を呼ぶ。ジャンクはジャンキーの元、というお話でした。
[PR]
拾い物ですが、久々のヒット(*´∀`*)

[PR]
風呂にお湯を入れてる時に
龍神がお出ましになった!
b0183304_13492974.jpg


急いで携帯を取りに行って撮影したが
ちょっとばかり形が崩れたけど
間違いなく 龍神様・・・(´-`)
[PR]
今後のために手のポジションの写真も撮ったことだし、次からの練習から混乱しないよう整理してみる。ちゃんと叩ける人にとっては、何を今さらって内容かも知れないし、デタラメ書いてんじゃねーよ、と言われるかもしれない。もし詳しい方が見てらっしゃって、何かコメントやアドバイスを頂けたら嬉しいです。
b0183304_21332662.jpg

※どちらも人差し指がピョコンと上がっているのは某巨大掲示板に「小指側がメインで人差し指はあまり当てない」と書かれていたから意識的にやってます。キャンディドさんも、そうやってますよね。あと、親指を当てちゃう癖がなかなか直らない…

画像:R
【クローズド・スラップ】片手でミュート/プレッション・スラップとも呼ぶ?
◆ヘッドのリム(端)と指の付け根を支点にする
◆手がヘッドに当たる部分は「主に指」
◆ヘッドの直径×1/2×1/2=1/4
◆主にヘッドの前面
◆音は比較的小さい
◆パコッという枯れた音
※写真には写ってないが(左手で撮ってるので)、実際には左手でミュートします。

画像:L
【オープン・スラップ】ミュートなし
●ヘッドの1/2を使って手の付け根(かかと)とヘッドを支点にする
●手がヘッドに当たる部分は「指&かかと」
●ヘッドの直径×1/2
●ヘッドの全体を使う
●音が大きい
●カーンという乾いて開放的な音

左手がヘッドの真ん中を超えてのオープン・スラップをやったのは、自分にとっては偶然のフォーム。プロの演奏でも、オープン・スラップって、リズム・パターンをプレイする時にはあまり見ない気がするのは気付いてないだけ?ソロの時にはそれらしき叩き方をするかも知れないけど。ヘッドの端でじゃなく真ん中近くでのオープン・スラップは少なくとも初心者向けの教則ビデオではあまり紹介されないような…。だから自分がやろうとしている叩き方が正しいかどうかの自信はない。ただ、大きく「カーン!」と鳴らせる確率が今までより高くなったから、慣れてしまえば上手い具合にプレイに取り込める気がするのだ。今からだと2週間後のライブにはリスクはあるけど(汗)将来的には自分に合った奏法だったと言えるようになるかも知れない。。。
[PR]
前の記事『なんちゃってパーカッショニスト[1]』で「コンガが上手く叩けない」って事を書いたけれど、その中でも苦手なスラップという奏法は「指をムチのように打ち下ろし→ヘッドをスッとつかむ」という動きをコンマ何秒の間にやらなきゃならない瞬間芸。片手でミュートするのが一般的だけど、最初に覚えたのがミュートしないオープン・スラップの方だった。

最初のライブ直前に、講師に教えてもらったのがその方法で「コンガの前の方だけをチマチマ使わない方がいい」と言うと、凄い音で「スッコーン!!」と叩いて見せてくれた。それは、あまりにも強烈だった。これだ!これを習得しなきゃ!と必死になった。しかもその先生は、パーカッションの指導としては珍しく理論派で「オープン・トーンはヘッドの1/3を振動させ、スラップは1/2を使う。ミュートする場合は、さらにその1/2を振動させる」と教えてくれ、しかもそれを実践で見せてくれたのだ。
b0183304_21301226.gif
自分のトラベルコンガからこんな音が出るなんて!と驚いた。でも後になってから「オープン・スラップは比較的難しく、先に普通のクローズド・スラップが出せるようになってからの方がいい」という話をあちこちから聞き、結果的にずーっとどちらも“まとも”に叩けず、頭もプレイも混乱状態が続いた。なかなか上達が出来ずに悩んだまま、『全体練習』の記事に書いたことにつながるのです。

その日バンドで音を合わせている時、ショボい音しか鳴らない事もあって他の楽器に埋もれ、何をやっているか分らなくなり半分ヤケクソで叩いた時、偶然に左手で「カーン!」という良い感じの音が出た。スラップ音は今までも時々は鳴ることはあったが、いつもと手のポジションが違ったので「お?」と思い、そのポジションを覚えておいて写メを撮ってみた。次の個人練習の時に「右手はクローズド・スラップ。左手はオープン・スラップ」を中心に練習してみたら、なんとなくしっくり来たので「やったー!今後はこれで行こう!」と急に自信が出たのだ。

ところが、その日バンドで合わせてみたら慣れないその方法だとフレーズが思うように叩けない。手が数センチ向こうに行っただけでプレイはガタガタ。

さて、音まともにが出ないままフレーズを優先するか、それとも、動きは慣れている今までのクセのまま突っ切るか…。もちろん、せっかくだから慣れてない方で行くよ!!
[PR]
朝から不機嫌なミミ子。
ケージを開けてやったら、マットレスと敷蒲団の間に入って(´∀`)マターリ

b0183304_9385430.jpg
[PR]
もともと打楽器が好きで、小学生の頃は鼓笛隊で小太鼓を叩いてたし(笑)、バンドを始めてからは下手クソながらドラムをやったり、パーカッションを頼まれて店に置いてあるコンガやボンゴなんかをテキトーにボコボコ叩いてたりもした。でもコンガのように年季が必要そうなラテン楽器などは、ちゃんと基本から勉強する気なんか全くなし。酔っぱらいがカウンターのテーブルを叩くのと何にも変わらないプレイヤー(お遊びだしw)だった。ところが今から1年近く前のこと、あるライブ・イベントにバンドのパーカッショニストとして参加してくれないかと誘われたのだ。「楽器持ってないし、ちゃんとした会場で演奏なんて無理だから」と断ったのだが、結局は押し切られてしまった。すでにライブ日程も決まっていていたので決心するしかなく、まずは楽器をどうにか調達できないものかと考えた。スタジオにレンタルを打診したりしたが、結局は最低限のものを揃えることにした。ネットで調べていたら…ありました!コンパクトで持ち運びも便利、しかも値段もそこそこお値打ち。このトラベルコンガを中心した自分なりのパーカッション・セットのアイデアが浮かんだ。
ところが、やはりコンガを叩きこなすのは自分には難しすぎた。特に「スラップ」という一番肝心なアクセントになる音が出せないままライブの日はどんどん近づいてくる…。焦りに焦った挙げ句、本番3日前にプロ講師の個人指導を受けることにした。わずか1時間の強行レッスン。
突然コツをつかみ、見事ライブは大成功!めでたしめでたし☆.。.:*☆
なんて、映画やドラマじゃあるまいし…。そんな訳ないじゃん。ライブを数回やった今でもコツがつかみきれず、出したい音が鳴らなくて悩んでる。コンガやボンゴのような“皮もの”は、叩く人の手の大きさや形に左右されやすいせいか、人によって叩き方や教え方が微妙に違うので試行錯誤の繰り返し。

>>明日以降、次の記事に続く
[PR]
恐ろしいタイトルだけど、あくまでも「夢日記」なんで…。

あまり詳しい状況を覚えてないので、あやふやにしか書けないけど・・・

小太りのおばちゃん看護婦(あえて看護士と書かない)が誰かの血管を無造作に処置してるようだ。手当とか手術じゃなく、血管そのものをハサミなんかを使ってバッサバッサと切り刻んだりしてる。切りくずが血管の中に入ってもお構いなし。その血管をつかんで、僕に向かって「大動脈★※♣*☆!」とガサツな声を掛ける。「??!!」…すると、もう一人の看護婦が、その血管を僕の左腕のヒジの内側(採血するような場所)にブスッ!と刺すように繋ぎ…。そこで目が覚めた(;゚д゚)

夢判断でよく利用するi-revo 夢占いで調べると、ぴったりくるのはないが、
>血管の異常に浮き出した人物を見るのは、
>健康不安や現状の疲労を反映することがあります。
とある。
他にぐぐってみると、ちょっと嫌な内容…Σ(||゚Д゚)
http://www.check-uranai.com/yume_karada.html
>血管が浮き出る夢は生死にかかわる出来事が起こる暗示。

納豆、納豆、禁酒、禁酒ヽ(`д´)ノ ヽ(д´ )ノ ヽ(´ )ノ ヽ(   )ノ ヽ( `д)ノ ヽ(`д´)ノ
[PR]