<   2009年 06月 ( 49 )   > この月の画像一覧

私が今の仕事に就くきっかけを作ってくれた師匠K氏。歳は下だが仕事では大先輩の彼から「傘」をもらった。折り畳み式なのだが、それにしては大きい少し変わった黒い傘。何かの研修旅行らしき行事で旅館のような所に来ていた。事情があって夕方に集合のところを昼過ぎには到着していた。とりあえず荷物をロビーの隅に置いてその場を少し離れた。間もなく戻ってみると傘がない。K氏に「またか…」みたいな顔をされるが、今回、研修に参加した団体にとっては一大事だったようだ。参加者全員が揃ったところで、傘の紛失事件を総括するため一部屋に全員が招集される。集まった人達は暴力団のような人ばかりで、私とK氏は一番下っ端らしい。会長らしき人が私の失敗を咎めるのを、みんな正座して神妙に聞いている。話の区切りがついたところで私が弁明を始めるが怒号が飛び交う。同席していた小中学生時代の友人Nが「彼らは用事のため5時間ほど早めに到着して、店内はほとんど誰もいなかったので油断したのでは」と擁護してくれる。何気なく窓の外を見ると、屋根伝いに緑色のTシャツを着た中年の女性が危険な動きで作業をしているのが見えた。反対側の窓の外でも、2人の男性が屋根や高い塀の上でなにやらアクロバティックな作業をしていた。危なっかしくて、いつ人身事故が起きてもおかしくない。友人Nは私に「こういうのは見てはいけない。その代わり、同じような夢を見れば解消できる」と意味不明なアドバイスしてくれる。(不思議と、夢の中では納得していたのだ…)
建物の外に出て、洞窟のような場所に沿って走る広い通りに出る。向かいに私達が泊まる木造旅館が見える。旅館は水色のビルの中に収まっていたはずなのだが、よく見ると、ビルではなく青い岩山だった。建物の周りには人が出歩いており、崖のような場所にも大勢いる。突然、雨が降ってきた。戻らなければ…と思っていると、突然もの凄い勢いの大雨になった。洞窟に入って旅館の方を見ていると、岩山が崩れ始めた。外にいた人達は逃げ惑うが、何人かは崖から落ちたり崩れた岩に押しつぶされる。これは大変な事になったと思ってると、今度はこちら側にも岩が落ちてくる。岩というより「山の破片」と言ったほうがいいだろう。長さ数メートルもある大岩が空から次々に降ってくるのだ。目の前で何人も犠牲になる。岩と岩がぶつかって洞窟の中にも飛んでくる。逃げるにも逃げる場所もなく足がすくんでしまって動けない。
[PR]
世間を騒がせる(騒がす)ニュースがあると
朝の最寄り駅前は、共産党の街頭スピーチが元気だ(笑)
ところが今朝は、なんか違う…
のぼり旗を見ると『幸福実現党』!
まだ結党したばかりじゃない?
こんな田舎に、もう出没してるとは・・・

パニック系悪夢を見た。これも自分の定番だ。
メモったので、また手が空いた時にエントリーしよっと。
[PR]
第二次世界大戦中にアメリカで製作された反ナチ映画の2大傑作といわれる『独裁者』前の記事で書いた『生きるべきか死ぬべきか』を比較してみる。
まず時系列は以下の通り…

1938年3月13日 ドイツ、オーストリア併合
1939年1月1日 『独裁者』製作開始
1939年9月1日 ポーランド侵攻
1939年9月9日〜1940年10月2日 『独裁者』撮影
1940年10月2日 『独裁者』プレミア上映
1941年12月7日(現地時間) 真珠湾攻撃
1941年12月11日 ドイツ、イタリアがアメリカに宣戦布告
1942年○月○日 『生きるべきか死ぬべきか』製作開始
(アメリカが大戦に参戦する直前に作られ、参戦直後に公開という資料もあり)
>>『映画と暮らす、日々に暮らす。』
1945年4月30日 ヒトラー自殺
1945年5月7日 ドイツ無条件降伏

『生きるべきか死ぬべきか』が製作開始された時には『独裁者』はアメリカで既に公開済みであり、多少なりとも影響は受けているはずだ。前の記事にも書いたが、本物と偽物というキーワードが重要であることが共通している。『生きるべきか〜』は時代背景とか国名など実在の世界が舞台であるのに対して、『独裁者』は舞台も登場人物も実在世界のパロディ。(余談だが、チャップリン扮する床屋もサイレント時代の放浪紳士チャーリーのパロディといえるかも知れない。なぜならば、チャーリーのような容姿なのに、言葉は少なめながら声を発して話すし、白髪混じりだし、アメリカ人ではない。)ルビッチの演出する軽快なテンポと間、職人技によって洗練された『生きるべきか〜』に対し『独裁者』は力作ではあるけど、演出面では不器用な部分がある作品だと思う。異論もあるかと思うので、これについては、いずれ書いてみようと思います。『生きるべきか〜』は、洒落た会話とかストーリー自体が喜劇というソフトなコメディで、『独裁者』はシリアスなドラマとスラプスティック・コメディが交錯したというかミックスされた作品。特に第一次世界大戦のシーンは同時期の自身の映画そのままにコマ落としされた早い動きのサイレント・コメディになっている。『生きるべきか〜』はナチスが支配する世界が舞台だが、ナチ打倒というストーリーがメインではない。一方『独裁者』は舞台こそ現実世界そっくりの架空世界だが、ストレートな反ナチ映画。しかも最後には映画の登場人物がチャップリン本人に戻ってしまう。つまり「独裁者ヒンケルの扮装をした床屋」の扮装をしているチャールズ・チャップリン本人が、さながら選挙演説のようにカメラを見て喋る。ストレートな反ナチ映画どころか、監督本人が“素”になって乱入する前代未聞の映画。いや、この時点ですでに「映画」からも逸脱している。
時代背景と笑いのネタが近い作品だが、相違点の方が多いと改めて思った。
ちなみに『独裁者』についてよく言われるのが、製作中に脅迫が相次いだり、中にはヒトラーから直接脅されたという話もあるが、実際にはヒトラーは、側近と『独裁者』を観たことは事実だが、脅迫といった行動をとったという記録はないはず。ドイツとの開戦前にナチスを支持していた当時のアメリカの映画配給業者の一部が圧力をかけたとか、まだ緊迫感が少なかった参戦前のアメリカでは、政治色が強すぎて興行的に難しいということで資金繰りに苦労した、ということではないだろうか。

※ちなみに、最近まで“デタラメなドイツ語”といわれていた、この演説シーンだが
 実際は練りに練られた“ドイツ語と英語の変形ミックス”とも言えるハイパー・ネタだったのだ。
 詳しい解説と“翻訳”は、大野洋之氏の『チャップリン再入門』で読めます。
 長年、アドリブだと思っていたので非常なカルチャー・ショックでした。

※補足1(日本での初公開年)
 『生きるべきか死ぬべきか』1989年
 『独裁者』1960年
 
※補足2
 第二次世界大戦中にアメリカで製作された反ナチ映画は
 『独裁者』『生きるべきか死ぬべきか』の他に、
 フリッツ・ラング監督の『死刑執行人もまた死す』(1943年)があるそうです。
 こちらはコメディではないよいうです。

追記(2010年10月23日)
その他、アメリカ政府の依頼によるディズニーのプロパガンダ映画
『新しい精神』『総統の顔』(どちらも1943年公開)がある。

■主な関連記事
 ルビッチの『生きるべきか死ぬべきか』
 『ライムライト』での小道具操作:監督C.チャップリン
 『チャップリン『街の灯』ラスト・シーンでの“発見”
 “元祖”猪木アリ、“元祖”クロスカウンター・・・
 小津安二郎とチャップリンの異色カット
[PR]
まさかのお誘いにタイミングが合って
久々のライブ会場に行けば10年振り15年振りの友が…。
一瞬にして時が戻り会話が弾む。
あの人とあの人がこんなつながりだったんだ〜。
時空を超えた不思議な縁を感じた夕べでした。
b0183304_0551811.jpg
[PR]
エルンスト・ルビッチというドイツ出身の映画監督を知ったのは、小津安二郎の映画にハマってからだ。小津独特の映画スタイルを確立した戦後の小津も大好きだが、戦前の作品は様々なタッチと魅力があって、しかも駄作というのがほとんどない。『生まれてはみたけれど』(1932年)や『淑女は何を忘れたか』(1937年)などを観た時は、当時の日本のコメディってこんなに洗練されていてレベルが高かったのかと驚き、特に『淑女は何を忘れたか』は、独特の空気感とリアルで自然な演出には唸らされた。そして、この映画が“ルビッチ風コメディー”と呼ばれていることを知り、ルビッチ監督のことがずっと気になっていた。コメディではないが、同じく小津監督の『東京の女』(1933年)では、小津がエルンスト・シュワルツというペンネームを使っており、ルビッチへの傾倒ぶりが相当なものだと想像つく。
最近になってようやくルビッチの映画を観た。代表作といわれる『生きるべきか死ぬべきか』だ。ドイツの侵攻が始まったポーランドを舞台にしたコメディ。内容自体は直接ナチス批判をするようなストーリーではないが、ヒトラーが首を吊っている絵が出て来たりと、かなり痛烈な風刺がある。てっきり戦後の作品かと思ったら、1942年製作というから驚き。ルビッチは1919年に渡米しており、これはアメリカ映画です。どうも戦前から戦争初期のアメリカ国内でのナチの立ち位置というのが良く分らない。自分が歴史に疎いこともあるが、ネットで調べるとドイツ系アメリカ人協会という親ナチの団体があったことくらいしか分らない。しかもこの団体、1941年以降には指導部が逮捕された、とあるから少なくともアメリカの参戦(1941年)後は大半の人がナチスに批判的だったのだろう。ヒトラー存命中の反ナチ映画というとチャップリンの『独裁者』が有名だが、こちらは1940年公開。なんとも微妙な時期の作品。9.11直後のアメリカと、イラク攻撃後の世論みたいな違いがあったんだろうか。
そして、本題のルビッチ監督『生きるべきか死ぬべきか』だけど、実はどうもピンと来なかった。“いろいろな本物と偽物”が交錯するあたりは『独裁者』の影響をもろに受けてると思うし、脚本も緻密でよく練られた作品だとは思う。演出は基本リアルで、いかにもコント的な映画ではないノリで進行していく。そういう空気の中、要所要所で出てくる“わざとらしい”演技が気になってしょうがない。主役が「To Be or Not to Be」というセリフを言うシーンや、寝室でソビンスキー中尉を見つけて戸惑うシーンなど、普通のコメディなら充分あり得るのだけど、どうも自分的にはしっくりこない。風刺もストーリーも中途半端という気がするし、ラストのオチも予想通りのありふれた終わり方だった。この作品よりも古い小津映画が自分にはインパクトがあって、期待が大きすぎたのだろうか。ネットでの評価は、とても高いが、これは巨匠ルビッチ監督ということで、なんとなく気持ち的に水増しされてしまっているんじゃないだろうか。

※これはドイツ語の吹替え版ですな。

■主な関連記事
 ルビッチ『生きるべきか死ぬべきか』とチャップリン『独裁者』
 『ライムライト』での小道具操作:監督C.チャップリン
 『チャップリン『街の灯』ラスト・シーンでの“発見”
 “元祖”猪木アリ、“元祖”クロスカウンター・・・
 小津安二郎とチャップリンの異色カット
[PR]
昨日は肩凝りだけじゃなく、なんとなく身体がダルく
胃腸の具合も良くないという日だった。
朝食を摂ってから午後2時くらいまで寝てしまった。
で、普通に夢も見た。(自分の定番「高所恐怖症」+「巨大な寺の階段」)
起きてからもダルさは変わらず仕事もはかどらない…。
夜になってビールと焼酎を呑み、1時頃に就寝。

今朝は4時半頃に一旦目が覚めた。たぶん日の出の時間。
7時に起きて犬の散歩。
深く眠れた感じで身体が軽い。
b0183304_97478.jpg
[PR]
しばらく調子が良かったのだけど、ここ数週間また肩凝りがひどい。
特に、パソコンに向かって文字入力したり
Photoshopを使ってる時にマウスを微妙に動かしている時なんか
どうしても無意識のうちに力んでしまって、長時間の作業はつらい。
最近ストレッチを復活させてるんだけど、それでも肩凝りは解消せず
もっぱらぶらさがりくんのお世話になってます。
昔流行った健康器具ですが、意外とこれが効くんだな。
初めて使った時はぶらさがるだけでも大変だった。
調子が悪い時は、ぶら下がった瞬間、身体中がボキボキ鳴ります(笑)
いつもより長時間ぶら下がって、少し楽になった。
[PR]
Open and Slap tones
ふむふむ、まずOpen Toneね。
それからClosed Slap、Open Slap、
…ん!Stopped Slap?

How to Play the Conga : How to Slap & Mute a Conga
こ、これは新しい発想?
それとも、たんなる「我流」?
[PR]
記事『シンバルが割れた日』でも紹介したシンバルだけど
チャイナ・シンバルとはいっても普通のチャイナとは少し違う。
割れてしまったことで、ドラム・ショップに修理(改造)に持ち込んで
初めて分ったんだけど、元々はこんな風な2セットで
舞踊や演劇で使われるものらしい。↓↓
China Wuhan Cymbals (Made In Wuhan)
今までのモヤモヤしてたイメージがパーッと晴れた気がした。

>材質が非常に柔らかく、たぶん破損は早い。だから日用品扱いなのであろう。
>>『楽器の嗜み・シンバル編 』


割れやすいし、日常品扱いだから安かったんだ。
浅草のパーカッションセンターで見て、一目惚れしました。
だから、割れてしまっても愛着があったので
綺麗にカットしてもらってシズルまで付けてもらったのだ。
グレードアップして蘇り、ますます可愛いチャイナ君 です。b0183304_22543342.jpg

そして、もう1枚。
華麗なるデビューとはいかなかったので
スタンドのセット方法も含め、場合によってはシズルを付けようか迷ってる
変態ラディウス23inchです。
b0183304_22571037.jpg
[PR]
http://quampaney.exblog.jp/11161257/の続き

携帯が修理から戻ってきたけど、やっぱりデータの復旧はならず。
前に使っていた携帯をとってあったので、それを持って行って
古いデータを転送してもらった。
バックアップの事を尋ねたら「SDカードなどは
電化製品を扱っているお店で購入して下さい」
…とウチは関係ありませんみたいな対応だった。
ハガキや封筒は事務用品店で買ってくれ(今は売るようになったのか?)
という郵便局と同じお役所的な対応だった。
[PR]