<   2009年 06月 ( 49 )   > この月の画像一覧

新兵器「ゴシック・ラディウス(GOTHIC RADIU)S」という
変態シンバルを今日(あ、もう昨日だ)
の練習で初お目見えさせたのだが
思ってた音が出なかった。いや、出せなかった orz...
2段重ねという特殊なセッティングのせいもあってか
鉄製の真っ平なシンバルで振動も普通と違うのか
遊びが多すぎてうまく収まらなく
フェルトを変えたりスタンドをガムテープで巻いたりして
なんとか鳴るようにはなったが、音が少し小さいのだ。
ゴォォォォォォォォォ…という魅力的な音なんだが
上にセットしたシズル付チャイナと音量が違い過ぎ。

あ、肝心な事を書いてなかったが
シンバル・ロール専用のシンバルを探していたのです。
ドラム・ショップで尋ねても、普通に18インチの
クラッシュ・シンバルを勧められた。ま、当然なんだけど。
中古で、そこそこいい感じのブツがあったのだが
それでも“普通にいい感じ”だったので
なんだかモヤモヤしたまま、ダメ元で切り出した。
もう18インチクラッシュをレジで支払いをしている時に
芳垣安洋さんのライブを観た時、真っ平らなシンバルがセットされてて
 それを手で叩くだけでゴワァァァァァンと鳴ったんですよ」とダメ元で話したら
「こういうのかな?」と持ってきてくれたのがゴシック・ラディウスだった。
真っ平らでシルバー色という衝撃的なルックスに期待して、さっそく試奏してみた。
ゴォォォォォォォォォォォォォォォン…という深い音色に一発でやられ
23インチで、値段も中古の18より安かったので、即決で購入決定!

しかし、スタンド等の関係で同じ音が出なかったのは
う〜ん、ちょっと計算違いか…。でもなんとなく
音色や音量は多少気にかかってはいたのだ。
お店で見た時の衝撃が大きかったから、冷静じゃなかったかも知れない。

b0183304_0274285.jpg

とりあえずガムテープで差込み部分のゆるみを減らして何とか鳴らせるが、
上下の振動をできるだけ小さい面積で抑えるゴムのパッキンとかも
ちょっと探してみようと思う。音量を補充するために
これ専用に1本マイクで拾ってもらわないといけないかも。
 ※上がシズルを付けたチャイナ、下がGOTHIC RADIUS。

ところで、今「シズル付チャイナ」と書いたが
これも実は今回初お目見え。というかリニューアルしたシンバル。
そう、『シンバルが割れた日』という記事で書いたけど、
この割れたシンバルを加工してもらったのだ。
割れた部分を、これ以上破損が進まないようにカットし
さらに、これも“いいロール音”が出るように、シズルを付けてもらった。
これが予想以上に功を奏し、割れる前よりも良い音になって蘇ってくれたのだ。
うまく撮れてなかったので、写真はまた改めて掲載しなおします。

ま、そんな所で…
あさってはいよいよライブ本番です。
[PR]
お手頃価格のPearlのパンデイロを楽器屋さんで購入したその足で
予約してあったスタジオに行き、さっそく叩いてみた。
第一印象は「お、重い…」
ウォーミング・アップの、左手を回転させてジングルを鳴らし、
右手は軽く添えてカシャカシャやる。これだけで、すんごい疲れる。
1曲の間ずっと振り続けるなんてとても無理だと思った。
基本リズムでもない、自分で考えてきた省略形のパターンをやってみるが
右手の使い方は、もっと難しい。
特に親指を使って音を出すやり方は、まったくお手上げだった。
スザーノ師匠も「リズムを叩きたい気持ちは分るけど、
まずは音をちゃんと出すこと」と言ってるが、その通りでした。
しかし、スタジオで練習してるだけでは、いつになったら
そこそこ叩けるようになれるか見当が付かない。

帰ってから、さてどうしたものか…と思い
パンデイロに付いてきたケースの上から叩けば
なんとか消音出来るだろう。パンデイロ本体はタオルで包んでしまえ。
とりあえずフォームの練習だけでもやれるんじゃないの、と考えた。
↓こういう感じです。

b0183304_2082534.jpg

※パンデイロをタオルで包む→ケースに入れる→ケースのファスナーを少し開けて
 そこから手を突っ込む→ヒット・ポイントにビニール・テープを貼って叩く!

ケースの上だとジングルの位置が分らないので
3ケ所にビニール・テープを貼って、これを目印にしてます。

b0183304_20101734.jpg

右手の指先(D)と“かかと”(P)を当てる位置(ジングルの上)と
親指での低音(G)、この3ケ所の位置が分れば、
中指の低音打ちは、Gとほぼ同じだし
中指のミュート打ち、親指のミュート打ち(これも超難しい)と
手の平打ちはパンデイロの真ん中なので、目印はいらない。

こんな練習を、自室で時々やって(一時は毎晩のように)
約2ケ月後にスタジオで叩いてみて「おぉ成果あった〜」と思った。
そしてさらに約4ケ月後、今年3月の終わり頃
ようやく初めてバンド練習で使ってみたのだ。
[PR]
http://quampaney.exblog.jp/11145233/の続きです。
セットというより、今回は「使用楽器」ですが…。

ずーーーーっと何年も前から気になってた楽器パンデイロ(Pandeiro)。
うまく使えば小さなドラムセットのようにも使える楽器…
というのも聞いたことがある。
コンガもそうだけど
“使いこなせれば”色んな音色に色んなニュアンスが表現できるから
ミニマムなセットとして組み込むには便利だろうと思っていた。

パンデイロはブラジルの皮付きタンバリンなんだけど
今やってるバンドはブラジル音楽じゃないし
原曲のアレンジにもパンデイロは出てこない。
そもそも、コピーをせずに自分なりの勝手なアレンジをしているので
そんなのは関係ないのだ(笑)。

去年の10月のこと、ふらっとレコード・ショップに行った時
たまたまワールド・ミュージックの書籍・DVDコーナーに
前の記事でも紹介したコンガ奏者キャンディドのDVD
パンデイロの教則DVDが置いてあった。
これは「買ってくれ」と言っていると思い、即買い。
家に帰ってマルコス・スザーノの『パンデイロ・マスターへの道』
という教則DVDを見てパンデイロを買うことを決心。
(DVDを買った時点でほとんどパンデイロを手に入れるつもりだったんだけど…)
速攻、ドラムショップで購入しました。

今から思えば、とっても甘い考えだったのだが
「3週間後のライブで少しでも使えたらいいな」
と考えて、必死に個人練習を開始。(後の記事に書きます)
しかし、想像していた以上に難しく
パンデイロのデビューは半年後まで待たねばならなかったのだ・・・

b0183304_22533770.jpg

※下が08年10月、最初に買った1号(ミュートあり)
 上は今年1月に購入した2号(ミュートなし)
[PR]
2年半くらい前に買った携帯。
最近になって画面が青味がかるようになり
見づらくなったのでそろそろ買い替えようと思ってた。
以前にも画面が映らなくなって修理に出したことがあったし
そろそろ寿命かと思ってた矢先、とうとうブッ壊れてしまった。
ショップに行ってデータを吸い出してもらおうとしたが
やっかいな故障で、それが出来ない!
電源が入らなかったり、入ってもすぐ落ちたりするのだ。
こ〜んな壊れ方は想定外。
友達に話したら「バックアップとらなきゃ」と言われた。
携帯のバックアップなんて考えたこともなかったけど
USBケーブルやSDカードでそれが出来たんですね〜。
ぜんぜん知らんかった…。

b0183304_20242319.jpg
[PR]
ふと気になるが、まさかね…
という事はダメ元でも口にした方がいい。

最近立続けに2回あって、どちらも良い展開に。
[PR]
あ〜一難去って、また一難。・・・いや、単なる独り言です。

─今日はぜんぜん別件のボヤき─
家路に向かっている途中、駅の改札が人だかり。
なにやらアナウンスが聞こえるが、どうもどこかの駅で「人身事故」があって
その影響でダイヤが乱れ、一部の地域へは振替輸送が行われている様子。
幸い自分の路線は遅れが出ている程度で動いており、無事に帰ることができた。

いつも思うんだが、ダイヤが乱れた時に駅や車内でのアナウンスで
「ただいま“人身事故”により列車が遅れています…」とやるのはやめて欲しい。
普通に「事故により」または「トラブルにより」でいいじゃないか。
なるべく想像力を働かせないようにして聞いているが
今夜は駅員さんがやってくれました。
客が係員に詰め寄って何か尋ねると「遺体がバラバラになってるんですよ!」
!!そんな事を聞いているんじゃないだろうに…(´・A・`)
と、また嫌な気分になっちまった。
[PR]
b0183304_0183689.jpg

運命の出会いともいえるトラベルコンガを手に入れた瞬間に、基本的なMy Setは一瞬にして閃いたのです。
ティンバレス奏者−ティンバレス +コンガ =My Setってことで、これになりました。右上のカウベルと左下のウッドブロックで(テクがあれば)ラテン的なことは出来ます。本当ならウッドブロックは赤い奴(キーが低い)でカウベルはもっと薄口ならもっとラテンなんだけど別にラテン音楽をやるつもりはないので、ひとまずはこれでいいのだ。

右下の“お好み焼きを焼くヘラ”みたいなのは「グアタカ」という金属系のパーカッションで、たしかサンテリア系の音楽に使う楽器だったはず。今ネットで検索してもよく分らない。左上に見えるのは「青竹踏み」です。ハンズで買って穴を開けてもらいました。別にウケを狙ったわけでなく、ティンバレスの胴を叩く「パイラ」みたいな、ドラムセットの邪魔にならないような刻み音が欲しくて、ず〜っと考えてました。パイラとは違って「竹」ですが、大きな音が出ないので“叩いてるふり”をするのに最適です。
なんちて>∀<
[PR]
5.27の記事『これでいいのかスラップ・トーン』で、(自分にとっての)2種類のスラップについて書いたのだが、先日の個人練習では絶対にうまくいくはずの、そのポジションで鳴らず悩んでいた。「ま〜た振り出しに戻るのかぁ〜(;д;)」と落ち込みながら試行錯誤していたら、ちょっとズレた位置でうまい具合に鳴った。さっそくそのポジションを忘れないうちに写メをとったのが今回の画像。右手のスラップも微妙に違う。自分の音だけが聞こえる個人練習だから、こうやって時間をかけて“鳴るポイント”を探せるのだけど、いざバンドで音を出すと、こうはいかない。スタジオ練習の時は曲を合わせる直前に急いでポイントを探すことも出来なくはないのだけど、ライブでは絶対にムリ。まだまだ技術的に不安定なせいなんだろうけど少しづつでも進歩してればいいな。
b0183304_19582446.jpg
[PR]
b0183304_0453424.jpg

疲れたけど、なんとかメドがついて一安心。
ずっと気になってたエンディングの曲の最後も解決したし。
メモかわりに残したい事が色々あるけど、
そこまでの気力が残ってないから明日以降の記事にします。

リーダーに「フレーズをを変えたから叩きづらいんでしょ。
でも音が凄く出るようになったなぁ。」と言われ
「おー!分ってくれたてんだ〜!」と報われた気がして気が楽になった。
これが一番の収穫だったかも。

ついに怪しい中国製チャイナ(そのまんまやん)が割れた。
ヒビが入っていて酷い音だったけど
思い切り叩いた瞬間に破片が宙を飛んだらしい。
b0183304_0444937.jpg
[PR]