<   2009年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

ポリスのメンバーの中でも特に人気が高く、曲もたくさん書いてヒットも飛ばしてる“スティング”がバンドのリーダーだと思われることが多いが、実はポリスのリーダーであり発起人は、ドラムのスチュワート・コープランドなのです。
ジャズ・ロック・バンドのラスト・イグジット(後のビル・ラズウェルのユニットとは関係ない別バンド)というグループで活動していたスティングをスチュワートが目を付け、説得を重ねて引き抜いた。そして、ヘンリー・パドゥバーニ(後に脱退)というギタリストと3人でポリスを結成した。スティングが、もう一人ギタリストを加入させようとリーダーのスチュワートに相談したのだが、それが当時ミュージシャンの間で売れっ子だったアンディ・サマーズだった。プログレの名バンド『カーヴド・エア』出身のスチュワートが率いるバンドとはいえ、まだ未知数だった新バンドではアンディのギャラはそう簡単に支払えない程の高額だったので、ずっと反対してたそうだ。

私がプログレにハマっていた頃、きっかけは思い出せないがポリスという聞いたこのないバンドの『白いレガッタ』を聴いて「これは新しいプログレだ〜!!」と衝撃を受けた。アンディ・サマーズの、今までに聴いたことのないような音色のバッキングや、何よりもスチュワートのドラムに驚いた。独創的で複雑な事をサラっと聴かせるセンスに脱帽したのだ。
映像を見て改めて、その凄さに気付く曲もある。
『白いレガッタ』に続く3枚目の『ゼニヤッタ・モンダッタ』(なんちゅータイトル(´・ω・`))収録の「Driven To Tears」

このドラミングの凄い所は、テクニックもさることながら、ロック・ドラムには必要不可欠な(はずの)スネアが(ほとんど)活躍してないこと!スネアのバック・ビートが(ほとんど)なくて、ここまでグルーヴさせるというアイデアと実行力には何も言えないです。
というか、スネアのバック・ビートがないからこそ、この疾走感が出るのか?
YouTubeを廻っていたら、この曲をコピーしている人がいて…

これを見て分るのは、ドラムだけ見ると、ほとんどジャズ・ドラムのような発想のリズム・パターン。ロック・ドラムでこんなの、まずないよね。
ちなみに、スチュワートの父親はグレン・ミラー・オーケストラのトランペッターだったそうです。

TAMA    SC145(Stewart Copland Model)/mfm0010490
↑↑↑
POLICE時代からスチュワート・コープランドが愛用している
彼のメインスネアを借り受け、
その素材や仕様を忠実に再現した5"×14"モデル。
[PR]
ポリスのメンバーで、他の二人よりも10ほど歳上のアンディ・サマーズはキャリアも相当積んだ上でポリスに参加している。
1950年代、早くも10代で地方のクラブでジャズ・ギタリストとしてステージに立ち、1960年代にはズート・マネー・ビッグ・ロール・バンドに加入するなど活躍し、まだ若造だったスティングに影響を与えたそうだ。
ポリス以前の活動で個人的に気になるのがソフト・マシーンとアニマルズだけど、調べてみると、1968年4月にソフト・マシーンがファースト・アルバムを制作(発表は12月)した後、アンディは5月から7月にかけてマイク・ラトリッジ、ケヴィン・エアーズ、ロバート・ワイアットとの4人編成でツアーに参加。レコーディングには参加せず脱退。
その後、後期アニマルズに参加して1968年11月に来日もしている。
b0183304_21432377.jpg

※2003年に発刊された『THE DIG』というムックのNo.31には
 “1967年の来日”とキャプションが付いているけど、これは間違い。
 アニマルズには1969年と1973年にリリースされたアルバム2枚に参加。

ポリスの活動停止と前後して、1982年と84年にロバート・フリップと2枚のアルバムを出した後、ソロ・アルバムや様々なミュージシャンのアルバムに参加した。

ソロ作品では、ハービー・ハンコック、マーク・アイシャム、チャド・ワッカーマン、スティングなどが参加した『Charming Snakes(1990年)』と、マイク・マイニエリがプロデュースし、トニー・レヴィン、ミッチェル・フォアマンなどが参加した『World Gone Strange(1991年)』の2枚を持っているけど、どちらもフュージョン作品です。とは言っても東海岸系の都会的というかドライな音。これが本来のアンディ・サマーズなのかな。b0183304_2144065.jpg

[PR]
なんか良い映像がないかと、YouTubeを回っていたら
ハイハットの神様の観た事のない映像があって感激!

もちろん、自分が今やろうとしてる事とは
100万光年もかけ離れてますが…。

パンク全盛の時代に、パンクを装ったベテラン・ミュージシャン集団。
POLICEは、本当に罪なバンドだよ。

これは2007年のライブ。
一番童顔だけど、一番年上なアンディ・サマーズは
この時すでに65歳!!

[PR]
スタジオに入って演奏して帰ると、神経が高ぶって眠れない。
そのかわりビールがムチャ旨いし、
やたらジャンクなソーセージとか食べたくなる。

今夜は2度目のバンド練習だったけど、まだまだだなぁ。
(バンドでなく、自分のことね)
個人練習でポイントだけ抑えて臨んだけど成果は出せなかった。
つーか、それ以前にいまだに構成やキメが頭に入ってないよ ('A`)

8月のライブに向けてのドラマーとしての課題は、
いつもよりハイハットに神経を使ってること。
ずーっと苦手なままなハイハット。
奥が深い楽器だけに、使いこなせば表現力が広がるはずなんだけど
いつもバンドで音合わせしてる時に、どうしてもしっくりこなくて
すぐにライドに逃げてしまう。勝手にアレンジを変えちゃって…。
今回は、なるべくハイハットを使った刻みをやって
なんとかグルーヴを出したいのだけど
まるで、初めてドラムを叩く高校生みたいなノリで恥ずかしい。

まぁ、長い付き合いのメンバーだから
そんな事気にせずにやればいいのだ。
あと3週間で、少しでも上達すれば儲けもんだと思って
まずは頑張ってみよっと。
[PR]
7月7日です。ラッキー・セブン(死語)のダブル、しかも今夜は満月。柄にもなく、『七夕』と『織姫・彦星』伝説について調べてみた(^_^;)

もともと『七夕』は、旧暦の7月7日の夕方に行われる「お盆行事」の一環で、五つの節句の一つ。日本、台湾、中国、韓国、ベトナムなどで行われている行事。この行事と中国の『牛郎織女(ぎゅうろうしょくじょ)』という伝説が合わさったものだそうだ。

■中国の伝説『牛郎織女』
河の東に住む機織り娘「織姫」は、河の西で牛飼いをしていた「彦星」と恋に堕ちた。「織姫」の父で古代中国の最高神である「天帝」によって河の西に嫁いで夫婦になる事を許されたが、新婚ボケで二人とも仕事をしなくなった。それで「天帝」の怒りを買い、罰として河の東に戻らされた。そして1年に1度しか「彦星」に会えなくなった…という伝説。

で、「たなばた」という言葉は、日本の『棚機津女(たなばたつめ)』の伝説から来ているそうだ。ところが『棚機津女』の伝説というのを調べてみたら…

■日本の伝説『棚機津女』
古代の日本の行事に、旧暦の7月15日に行われる供養があった。村で選ばれた穢れを知らない乙女が、巫女として神の衣を織って捧げる神事。それは“神と一夜妻として仕える”という事でもあって、災厄を除けるという人身供養でもあった…という伝説。機(はた)を織る場所というのが、村落を離れた川などの辺りに「棚(たな)」を作り、そこに隔離されて機織りをしたという事だ。“川に桟敷(棚?)を渡した先に小屋を建てて、そのなかで機を織る”ということらしい。で、棚機(たなばた)。

中国の『織姫・彦星』伝説との共通点って「織物」しかないじゃん。あとは「隔離」くらいか。

なになに?
織姫星=こと座の1等星「ベガ」
彦星=わし座の「アルタイル」


[PR]
明晰夢(自覚夢)が見られなくなって久しいけど
これほど夢にまんまと騙されたのは初めて。

**********************************
ニューヨークに来ていて、窓からは最新鋭の超高層ビルが見えていた。
上の階が必要に応じてスライドして“伸びてくる“仕組みの建物なんだが
どうも様子がおかしい。グラついているのだ。
あ、これはひょっとすると倒れるかも知れないな…
と思っていると、案の定その高層ビルが大きく傾いた。

…そこで目が覚めて、あ〜、いつものパニック系の夢だったなと思った。
   *夢の中でたとえば、空を見上げて飛行機が飛んでいる。
    (この時に“夢“を見ている自覚があるかどうか微妙)
   「あ、墜落するかも」と思うと、その通りになる。
    ・・・こんな夢はよく見るのだけど
   「大変なことになった!」とパニクるから自覚夢ではないし
    ましてやコントロールできてないから明晰夢ではない。
今回も“目が覚める”までは夢とは思ってなかった。

そして、目が覚めた後(時間経過は記憶にないのだけど)
デジャヴュのように、また窓から高層ビルを眺めていた。
「はっ」と気付いた。
「正夢だ。このビルは倒れるぞ!」と思っていると
さっき見た夢と全く同じシーンが繰り返される。
目の前のビルが大きく傾いて・・・
**********************************

…で、目が覚めた。
今度は“本当に”目が覚めたのだ。
[PR]
以前書いた納豆の記事での未使用のタレだけど
すぐに醤油入れに一杯になる。
薄口醤油よりも、もっと薄い色で、透明の容器に入れると綺麗。
今日は天気が良かったので、陽に透かして撮ってみた。
右側の写真はベランダの近くまで行って撮ったのだけど
ベランダだけならいいけど、自分が映り込んじゃってる。
b0183304_1740313.jpg

この前たまたま見つけて、お気に入りに保存しておいたサイトを思い出した。
>>忍者レフ
[PR]
昨日の練習スタジオ、ドアを開けた瞬間に時間が戻ったようだった。
メンバーが集まって各々準備している様子も、昔とまったく変わらない。
もちろん、お荷物ドラマーのレベルも(´・ω・`)
(前日のセッション以外では)ドラムについて2年間何もやってないのに
そりゃ腕が落ちることはあっても、上手くなる訳ないって…
b0183304_2343966.jpg

自宅練習では、イメトレだけで“やった”つもりになって
いざスタジオに入ってから「ありゃ?…覚えたつもりだったのに…」
昔から、この繰り返し。学習能力ゼロです。
でも今回は、バンド練習の前にスタジオで個人練習を入れたのだ。
自分の中では、こっそりと“仕上げ”をしようという気だった。
しかし“仕上げ”どころか、とーんでもなく甘い考えだった。
MDで音源を流しながら軽く合わせようとして愕然。

まっっっったく叩けねーじゃんヽ(;´Д`)ノ!!!!!

しかも部屋を予約したのが当日だったから
スタジオの空きの関係で、30分づつ部屋をハシゴしての練習。
セッティングしたりMDをPAにつないだりしてると
あっという間に10分ぐらい経過してしまい焦る…。
ようやくドラムを叩き始めて15分ほどすると
もう片付けなきゃならない時間。マズい!
キメが分らない“あそこ”とか、構成が頭に入ってない“あの曲”がある!
そのままバンドのメンバーが集まる部屋に入る時間に…。

それでも久々のメンバーが集まっての演奏は楽し〜い。
が、それにしても…
ロック・バンドでのドラマーの責任の重さは
パーカッションの比じゃないのに
(↑誤解されるかも知れないを承知で、あえてこう書くけど…)
いつまでも、こんなドラマーですんません(>,<)
暖かく寛容なメンバーに囲まれながらも
自分にとっては色んな意味で“練習初日”といった感じでした。
[PR]
仕事先の送別会にパーカッションの師匠が来てました。
しこたま呑んだ後、なんと師匠を交えてスタジオでセッション!
ドラムとコンガ(トラベルゴンガじゃない本物)を交替しながらのジャム。
ちゃっかりコンガの指導もしてもらっちゃいました。
やはり基本はオープンをキレイに出せる事。
指を揃えるのは、音がバラけないようにするため。
ん〜、人差し指以外は出来るだけ揃えるようにしよう。
師匠には「人差し指もダメ」と言われたけど…(^_^;)
b0183304_1615980.jpg

盛り上がり過ぎて終電を逃したので
取引先の社長とロック・バーへお出かけ。
明るくなるまで呑み直しました
[PR]