タグ:ロバート・フリップ ( 1 ) タグの人気記事



昨年末、遂にロバート・フリップが引退をほのめかした。
>>Robert Fripp's Diary:2010年12月4日
___Speaking in the dressing room afterwards to John Schaefer & the Power Person responsible for the programming here: this evening’s performance is the last for me in the conventional role of a professional player.___
ヤフーの掲示板によれば、通常の意味でのプロ・ミュージシャンとしての演奏活動を止め、今後はギター・クラフトの作曲・指導やサウンドスケープなどの活動に絞るようだ。しかも、それ以前に“今後ツアー活動は行わない”という宣言をしていたそうで、既にクリムゾンの活動再開の可能性は限りなくゼロだったわけだ。

b0183304_22355847.jpg■ロバート・フリップ
『At the End of Time: Churchscapes』

イングランドとエストニアの教会での
“奉納”ライヴ
どうやら、プロ・ミュージシャンとして最後に世に出る活動成果は、Jakszyk, Fripp & Collins名義のアルバム『A Scarcity of Miracles』になりそうで、今年5月頃リリース予定とのこと。これは以前の記事の追記で“早トチリ”と書いたユニットだが、実際にはこれを『ProjeKct Seven』として活動したかったようです。
>>Robert Fripp's Diary:2010年12月5日
しかし、何故Seven(7)? ProjeKct1〜4の後のProjeKct Xbpm&mを5と6という具合に数えているんだろうか。
※追記(2月3日)
「ProjeKct Six」の存在を『King Crimson Data Base』で知りました。
ロバート・フリップとエイドリアン・ブリューのユニットだそうです。
ギター・デュオではなく、ブリューはProjeKct Twoと同じくV-Drum担当。
>>http://www21.ocn.ne.jp/~crimson/dgmlive1111.htm
>>http://www21.ocn.ne.jp/~crimson/projekct.htm

b0183304_22364486.jpg■ProjeKct X
『ヘヴン&アース』

Robert Fripp, Adrian Belew, Trey Gunn, Pat Mastelotto
Produced and mixed by Pat Mastelotto and Bill Munyon

b0183304_22371027.jpg■bpm&m
『XtraKcts & ArtifaKcts』

Robert Fripp, Adrian Belew, Trey Gunn, Pat Mastelotto
& David Singleton, David Byrne, League of Crafty Guitarists...
Produced, recorded, engineered, and edited by
Pat Mastelotto and Bill Munyon

これを機会に、クリムゾンの正規アルバムとしては最後になるであろう『ザ・パワー・トゥ・ビリーヴ』以降に発表された曲の中でも個人的に気になる2曲「Message 22」「Form No. 2 KCVII」、それと5ヶ月ほど前に予告したきり放置していた『LIVE 2008(August 07,2008)』等について書いてみることにします。(ただ今準備中)

■主な関連記事
 King Crimson 2008年:幻のラインナップによるライヴ
 変態BGM:King Crimson「Form No.1」
 King Crimson:隠れた名曲「Message 22」
[PR]