菅首相「私を信頼して(Trust Me)」

「政治とカネ」に触れず…所信表明演説:6月11日(読売新聞)

>菅首相は11日、初の所信表明演説で、国民の信頼回復こそ、
>自らに課せられた「最大の責務」だと訴えた。

>首相は演説の締めくくりで「是非とも私を信頼していただきたい」
>と呼びかける。だが、前政権の十分な総括もないまま、
>鳩山氏のように「トラスト・ミー(私を信じて)」と訴えているだけならば、
>新内閣に寄せる国民の期待が長続きすることはないだろう。

脱・小沢に見せかけた「小沢隠し内閣」がスタートした。
鳩山退陣の混乱という党自らの問題が招いたはずの会期末までの期限。
その時間的余裕がないという理由にもならない理由で
小沢氏の政倫審出席は応じないという相変わらずの横暴ぶりだ。
新内閣に対する国民の期待をマスコミと共に作り上げた今、
鳩山前総理の残した問題さえも、すっかり葬り去られたようだ。

10日、所信表明を翌日に控えた菅首相は、
自ら進んでは会いたくなかったであろう
拉致被害者の家族の人達と面会をしていた。
首相、拉致被害者家族会と面会…「韓国と連携、解決目指す」
:MSN産経ニュース(6月10日)

>菅首相は拉致の実行犯、辛(シン)光洙(ガンス)元死刑囚の釈放嘆願書に
>署名していた経緯があるが、面会ではこのことは取り上げられなかったという。

>>http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100611ddm008010096000c.html
>要請文を受け取った菅首相は、韓国の哨戒艦沈没事件に言及し、
>「北朝鮮の仕業ということがはっきりした。韓国と連携しながら、
>拉致問題を含めて解決をしていきたい」
先の鳩山もそうだったが、菅も哨戒艦の沈没事件を
北朝鮮に立ち向かう正義感をアピールする言葉に利用している。



首相が、“ポリシーのない”鳩山由紀夫から“確信犯”の菅直人に替わったことで
拉致被害者家族会が危機感を抱いたのだろう。
就任直後というタイミングで、拉致問題の解決を求める
6年振りのデモを行った。

>>「拉致被害者をすぐに返せ」1000人デモ:MSN産経ニュース(6月10日)
b0183304_21351266.jpg
菅直人は過去、拉致実行犯「辛光洙(シンガンス)」の釈放の要望書に
サインしておきながら、いまだ正式に釈明や謝罪をしないまま
拉致被害者家族会と面会したのだ。
◆国賊と毎日新聞:博士の独り言
b0183304_21361380.jpg
>>http://nyt.trycomp.com/hokan/0025.html
辛光洙(シン・グァンス)を含む「在日韓国人政治犯の釈放に関する要望」

私どもは貴国における最近の民主化の発展、とりわけ相当数の政治犯が自由を享受できるようになりつつあることを多とし、さらに残された政治犯の釈放のために貴下が一層のイニシアチブを発揮されることを期待しています。
在日関係のすべての「政治犯」とその家族が希望に満ちた報せを受け、彼らが韓国での社会生活におけるすぐれた人材として、また日韓両国民の友好のきづなとして働くことができる機会を与えて下さるよう、ここに心からお願いするものであります。
1989年 大韓民国 盧泰愚大統領貴下
日本国国会議員一同


署名には、菅直人や土井たか子の他、千葉景子(現法務大臣)の名前もある。
b0183304_21364481.jpg
>赤軍派系の共産主義者同盟に属し成田闘争のおり火炎瓶攻撃で
>数名の警察官を死傷させていたと言う過去があると書かれていた。
>また、その際彼女の投げた火炎瓶が機動隊警察官の楯と楯の交差する
>僅かの隙間を通り機動隊員を直撃し、その機動隊員が全身火傷で病院に運ばれ、
>後のニュースで死亡が確定されたとの報道が為された事で
>学生側の目撃者(現政治評論家)から判明していると言う。
>>二階堂ドットコム

>>YouTube:拉致実行犯〜辛光洙(シンガンス)
by quampaney | 2010-06-11 21:43 | 時事ネタ